「採用氷河期」に突入し、多くの企業が、求める人材を採用することに苦慮し始めています。そうした中、昨今の若者が就職活動で重視するのが、就業条件や働き方です。実際働き方改革に関しては、企業各社もさまざまな取り組みを進めていますが、果たしてどれだけのものが求職者に対してきちんと訴求できているのでしょうか? そこで今回は、千葉商科大学国際教養学部・専任講師の常見陽平氏をお招きし、働き方改革の現状や課題、求職者への訴求、さらに広報活動などについてお話しいただきました。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に、特典資料をプレゼント!

HRプロとは