バーンアウトは、バーンアウト・シンドロームの略語であり、1974年に精神心理学者ハーバート・フロイデンバーガーが用いた造語です。日本では、燃え尽き症候群といわれています。高い意欲で仕事や物事に取り込んでいた人が、心身の疲労の蓄積により燃え尽きたように意欲を失い、社会に適応できなくなる症状です。

では、バーンアウトを防ぐためにできることはなんでしょうか?本ガイドではバーンアウトを防ぐために「リーダーができること」、「個人ができること」についてご紹介します。



ご紹介項目
バーンアウト(燃え尽き症候群とは?)
バーンアウトになることでビジネスにどのような弊害が出るのか?
バーンアウトの原因
バーンアウトを防ぐには
バーンアウトを防ぐためにリーダーができる4つのヒント
バーンアウトを防ぐために個人ができる4つのヒント

解決できる課題

人材育成の体系を見直したい

社員のリーダーシップを強化したい

社員の積極性・自発性を向上させたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
住所 〒102-0075
東京都千代田区三番町5-7 精糖会館7階
代表者 ブライアン・マーティーニ
資本金 26000000円
売上高 非公開
従業員数 44名