<概要>
企業を取り巻くビジネス環境が目まぐるしく移り変わるなか、
戦略を実現するために必要な組織開発の在り方も刻一刻と変化しています。

人事部門においても、効率的なオペレーションだけではなく、
人材育成や多様な人材を活かす基盤づくり、戦略実行の組織文化醸成など、
経営に資する役割が求められています。

では、その経営戦略に基づいた施策を実行していくために、
人事はどのような姿勢で、どう行動すべきなのでしょうか。

この課題について、今回は
フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の竹村富士徳氏と、
「事業や人材を創造し続ける総合商社」を掲げ、多くの企業が注目を集める
人事施策をいくつも打ち出す双日株式会社 人事部長の
岡田勝紀氏による対談を実施しました。

これからの時代、経営視点での役割が求められる
人事の方々にとって参考になる情報をお届けします。

<注目トピックス>
●人材の多様性を事業にどう活かすか、人事として必要な戦略的思考
●グローバルリーダーシップの鍵を握る「自律性」と「協働性」
●経営戦略を実現するために双日が立てるKPI、その中身とは
●環境変化に適応するために、「アジャイル」に施策を生み出す
●「実行の4つの規律」で、実行力を文化として定着させる

インタビューの詳細については、下記よりダウンロードの上ご覧ください!

解決できる課題

社員・組織のイノベーション力を高めたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
住所 〒102-0075
東京都千代田区三番町5-7 精糖会館7階
代表者 ブライアン・マーティーニ
資本金 26000000円
売上高 非公開
従業員数 62名