「ウェルビーイング」それは、肉体的にも精神的にも、そして社会的にも満たされた状態(=幸福)です。

ギャラップ社の調査ではウェルビーング状態の社員が多いほど、組織の生産性は高まるという結果がわかりました。

コロナ禍でソーシャルディスタンスが求められている昨今、我々はどのようにして社員のウェルビーイングを維持することができるのでしょうか?

こちらの資料では、そのヒントをご紹介しております。



目次:
1. ウェルビーイングとは?
2. 組織がウェルビーイングに取り組むべき理由
3. コロナ禍によるウェルビーイングへの影響
4. 解決のためのフレームワーク「全人格型パラダイム」
5. 全人格型パラダイムの個人への応用〜『7つの習慣』の実践
6. 全人格パラダイムによるリーダーシップ〜『リーダーのための4つの本質的な役割』
7. 劇的な環境変化にも耐え、勝ち続ける組織を作るためのWining Culture

解決できる課題

研修内製化・研修開発をしたい

社員・組織のイノベーション力を高めたい

社員のモチベーションを向上させたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
住所 〒102-0075
東京都千代田区三番町5-7 精糖会館7階
代表者 ブライアン・マーティーニ
資本金 26000000円
売上高 非公開
従業員数 62名