[テーマ別研修]組織開発・理念浸透研修

知らないと損をする 次世代リーダー育成のポイント



経営の後継者、幹部、各部門のトップといった次世代リーダーの育成は、企業の存続のために極めて重要な課題の
1つです。HR総研が実施した「人事の課題」に関する調査(※)においても、2016年から2018年まで3年連続で「次世代リーダー育成」が1位にランクインしています。

このような課題を解決するため、外部から人材を採用する企業も見受けられますが、実績と経験のある社員の中からリーダー候補者を選抜・登用する企業がより一般的でしょう。一方、社員からリーダーを選抜・登用する場合、候補者をリーダーへと押し上げていくフェーズで育成難に陥ってしまうケースをよく耳にします。むしろ企業において「次世代リーダーが育っている」と実感できているケースの方が少ないのではないでしょうか。

そこで、本資料ではまず次世代リーダーの育成がうまくいかない理由について解説します。そのうえで、世界的に著名なビジネス書である「7つの習慣®」シリーズのエッセンスを中心に次世代リーダーの育成に関する課題の解決策を示していきます。
資料ダウンロード

ダウンロード1件につきHRプロポイント100P進呈!

解決できる課題

人材育成の体系を見直したい

次世代経営者を育成したい

社員のリーダーシップを強化したい

会社情報

社名 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
住所 〒102-0075
東京都千代田区三番町5-7 精糖会館7階
代表者 ブライアン・マーティーニ
資本金 26000000円
売上高 非公開
従業員数 62名