進化しつつある組織論。「ティール組織」とは何か ── 書籍出版記念セミナーレポート|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 大学と企業の合同相談会2018<2018.6.18開催>

進化しつつある組織論。「ティール組織」とは何か ── 書籍出版記念セミナーレポート

HRプロ編集部
2018/04/16

2018年3月8日、『ティール組織』(英治出版)の出版記念セミナーが東京都渋谷区のSmartNewsイベントスペースで開催された。当日は、早稲田大学ビジネススクール准教授の入山章栄氏がファシリテーターとなり、NPO法人 場とつながりラボhome's vi代表理事の嘉村賢州氏(あとがき執筆)、株式会社ビオトープCEOの佐宗邦威氏(推薦文執筆)が登壇。ティール組織について解説した。今回はこのセミナーの様子をレポートする。

ティール組織の本が出版に至った経緯

ビジネス書の中でも、とりわけ需要が多いのが「マネジメント」のカテゴリーだ。そのマネジメントの分野で売上1位を記録、一般書籍を含むランキングでも上位に顔を出しているのが、英治出版から刊行された『ティール組織』である。

原著『Reinventing Organizations』が出版されたのは2014年。日本語版は2018年1月に出版され、話題を集めている。そもそもこの書物の出版のきっかけをつくったのは、この日、聴衆として参加していた、この本の翻訳を手がけた翻訳家の鈴木立哉氏だ。鈴木氏は他社の編集者からこの本を紹介され、すぐに日本語翻訳版の企画書を送るが不採用。そこで英治出版に持ち込んだところ、スムーズに出版が決まったという。

ティール組織とは何か

このセミナーの最大のテーマは「そもそもティールって何だろう」というもの。嘉村氏によると、2015年の1年間、仕事を休んで世界を旅した際、「ティール組織」という概念に出会ったという。「組織は時代とともに変化し、進化していくものであり、今、次の組織形態が表れつつある」と述べる嘉村氏。その進化しつつある組織論の概念こそが、ティールだ。

本書の中では、その進化の過程を人類の歴史とともに解説している。これによると、10万年ほど前の「受動的パラダイム」から「神秘的パラダイム」に変化していく段階では、組織モデルはまだ生まれていない。

次に訪れるのが「衝動型パラダイム」で、これが約1万年前。この頃に、最初の首長制と原始的な王国、すなわち組織モデルの原型が生まれたとしている。

その後「順応型パラダイム」の時代になり、国家や宗教団体、軍隊などの組織が生まれるとともに、将来を見通すことができる世界観を持ったことにより、農業が発展。定住生活を開始する。群れるための一つの虚構として、宗教も出てきたのではないかという。

その進化系が「達成型パラダイム」であり、産業革命によって、大量生産時代に突入すると、生産を効率的に管理する必要に迫られ、会社という組織が生まれるようになったという。

この「達成型パラダイム」による組織こそ、現代の多くの民間企業が採用しているマネジメント・組織のあり方である。

しかし今、この「達成型パラダイム」にも、いろいろな矛盾や欠点が見え始めた。たとえば、協調型のNPOやNGOなどが、新しい組織形態として生まれ始めている。本書では、それを「多元型パラダイム」と呼んでいるが、協調型のNPOやNGOなどは、何事も皆で話し合って決定するため、なかなか結論に辿りつかないという欠点がある。

以上を踏まえ、これからの世界に訪れるのが、「ティール組織」という概念ではないかというのだ。

ティール組織は、これまでの組織のあり方や上司と部下の関係など、多くの人が当たり前だと思っていたマネジメント形態とは、対極にある組織論といえよう。この書を手にした多くの人が衝撃を受けているのはそのためである。

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

関連リンク

  • 怒りや不安を抑えたいときのコツ

    臨床心理士としていろいろな方とお話ししていると、感情のコントロールの仕方を教えてくださいといわれることが多くある。コントロールが必要な感情とは、怒りや不安といったネガティブな感情のことだと推察される。そこで今回は、そうした怒りや不安のコントロールについて考えてみたいと思う。

  • パワハラと“嫉妬”

    日本レスリング協会のパワーハラスメント(以下、パワハラ)問題が、世間を賑わせている。もちろん当事者にしかわからないことばかりだが、報道によると、選手や後任のコーチに対する「嫉妬」が原因の一つではないかと思われる。企業においても、パワハラ(パワハラに限らず、ハラスメント行為すべて)は、大きな問題になっている。以下、職場のパワハラの原因になりうる「嫉妬」について検討してみたい。

  • 「小論文試験」で何が分かるのか

    社員の昇級・昇格に際し、小論文試験を実施する企業は多い。しかしながら、小論文試験の機能を正しく理解したうえで実施している企業は、必ずしも多くないかもしれない。果たして、社員に小論文を記述させると何が分かるのだろうか。

  • 2018年、RPAでビジネスは変わるか?地方、行政にも拡がる「業務自動化」

    昨今、人手不足による業務負担の増加を背景とした、長時間労働を削減する打ち手の一つとして、RPAが脚光を浴びている。RPAとは、「Robotic Process Automation」の略で、ソフトウェア型ロボットによる、PC業務自動化の取り組みのこと。これにより主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担うことが期待できる。金融業界での入力作業などで導入が先行している印象だが、民間のみならず自治体でもRPAの活用が進められつつある。RPAツールを使いこなせる人材育成にまつわる課題など、複数の事例からRPA活用の今を追う。

  • いま注目されている採用手法

    労働力人口の減少、働き方の多様化、さらには仮想通貨の出現に象徴される社会システムの変化などに合わせて、企業の採用手法も変わってきている。20代・30代の若年層は、「賃金よりも有給休暇の消化率等のワークライフバランスを重視する」というデータがはっきりと出ており、今後の企業を支える若者に“刺さる“採用方法に変えていかざるをえないのは必定だ。しかし、いまだ求人媒体やハローワークなどの従来型の採用方法に依存している企業は多い。以下、「採用」についての包括的な解説をしつつ、現在注目を浴びている採用手法を紹介する。

  • 友人に自分の会社を勧めたい従業員、2割未満にとどまる ── リファラル採用の鍵は「従業員エンゲージメント」の向上

    2017年12月、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社が、20代〜60代の働く人を対象とした「従業員エンゲージメントに関するアンケート」の調査結果を発表した。人材不足が深刻化する中で、従業員が会社や仕事に愛着を持ち、積極的に業務に取り組むようにするには、どんなことが必要になるのだろうか。調査結果を紐解きながら考察してみる。