そんなつもりじゃなかった! セクハラ加害者の驚愕|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 大学と企業の合同相談会2018<2018.6.18開催>

そんなつもりじゃなかった! セクハラ加害者の驚愕

HRプロ編集部
2015/02/02

 セクシュアルハラスメントの定義をごく簡単に言うと、「性的な言動で相手に不快な思いをさせること」である。
 この定義の中には「性的な言動」をした行為者(加害者)が、どのような思いで、その行為を行ったかということは、まったく出てこない。つまり、自分では「性的な言動」を行ったつもりがまったくなくても、「セクハラだ!」と指差されることがありうるのである。

“加害者”の心の叫び

「そんなつもりじゃなかった! 相手はなにか誤解している」
「会社にセクハラの相談があり、あなたが加害者と言われています。ついては、お話を伺いたい」と、人事部門から呼出しが来たとしたら、あなたの心を最初によぎるのは、このような言葉だろう。
だが、セクハラの定義を思い出してほしい。行為した側の意図が問題にならない以上、誤解ということ自体、そもそもありえないのである。
 また、このような言葉を口に出すということは、被害者にとって「たいしたことじゃないのに、いちいちセクハラの相談をした。自分を犯人扱いした」という加害者からの圧迫と受け取られ、相手が硬化する可能性もある。
 また、行為自体を覚えていないということも、往々にしてありうる。だが、「覚えていない=やっていない」ではない。
 覚えていないのは、自分にとってたいしたことではないからだ。しかし、あなたの性的な言動で不愉快な思いをした側にとっては、忘れようとしても忘れられないことなのである。足を踏んだ側は、踏んだことさえ自覚していないことがあるが、踏まれた側は、痛みとともに、その事実をよく覚えているものだ。
 次によくあるのが、「陰謀だ! 自分ははめられた! 自分こそ被害者だ」という怒り。しかし、よく考えてみてほしい。あなたを陰謀によって陥れて、いったいだれが得をするのだろうか。
 よしんば、被害者、もしくは他のだれかと人間関係のトラブルがあり、仕返しをされる心当たりがあったとしても、セクハラの相談をし、それによって会社が動くと、被害者の側にも、大きな負担がかかる。事実確認の調査でいやなことを何度も話さなくてはならないし、ウワサの的になったり、社内にいづらくなることもありうる。事実無根の訴えをしても、専門家に調査が依頼されれば、ウソがばれる可能性が高い。また、あなたからさらに報復されることもありうる。それほどの危険を犯すだろうか。

ほんとうの“加害者”にならないために

 いままで述べたような反応はごくふつうのもので、そのことによって加害者を責めようとしているのではない。
また、自分はどうなるのか、懲戒されるのか、ということがまず心配になるのは、人間として当然のことである。
セクハラによって懲戒されることはあるが、懲戒にも軽重があり、それは、行為の軽重、つまり悪質度に比例する。解雇や懲戒解雇になるような事案は、やはり加害者の側にもそれなりに覚えがあるものだ。
また、事実調査の段階で、弁明をする機会も当然与えられる。
問題は、その弁明である。
知らなかった、気付かなかった、覚えていない、自分は悪くない、という弁明はたいてい逆効果なのだ。
かりに知らなかったこととはいえ、相手に不愉快な思いをさせたのであれば、ふつうは謝罪する。あなたは、電車が揺れたためによろけて、隣に立っていた人の足を踏んでしまったら、「あっ、すみません」とあやまるはずだ。「電車が揺れたせいだ。自分は悪くない」「足を踏んだりするつもりはなかった」と開き直ったりはしないだろう。
「そんなにいやな思いをさせていたとは気づかなかった。申し訳ないことをした。これからは、繰り返さないようにします」
言うべきことはこれだけである。
被害者として相談してきた人は、たいてい、あなたの部下や後輩、パートさんなど、社内であなたより立場の弱い人である。これから先も、あなたと仕事をしていかなければならない場合が多い。被害者の側も、できればことを荒立てたくないと思っている。
軽微な事案であれば、被害者の側も謝罪を受け入れ、会社に対しても「以後気をつけます」ですむ場合が多い。
自分より立場が下の人に、このような謝罪をすることで、プライドがいたく傷つくかもしれない。その場合は、相手を対等な人間として認められないその感覚こそ、セクハラの加害者になる素地であることを自覚する必要がある。
当然ながら、「あやまればいいんだろう」という態度では、いくら口先だけ謝罪をしても、相手をさらに傷つけてしまう。
 最初の段階で、自分の行為を省みて、真摯に反省、謝罪をすることこそ、「加害者」とされる打撃からあなたを救う唯一の道なのだ。

メンタルサポートろうむ 代表
社会保険労務士/セクハラ・パワハラ防止コンサルタント/産業カウンセラー
李怜香

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

関連リンク

  • 進化しつつある組織論。「ティール組織」とは何か ── 書籍出版記念セミナーレポート

    2018年3月8日、『ティール組織』(英治出版)の出版記念セミナーが東京都渋谷区のSmartNewsイベントスペースで開催された。当日は、早稲田大学ビジネススクール准教授の入山章栄氏がファシリテーターとなり、NPO法人 場とつながりラボhome's vi代表理事の嘉村賢州氏(あとがき執筆)、株式会社ビオトープCEOの佐宗邦威氏(推薦文執筆)が登壇。ティール組織について解説した。今回はこのセミナーの様子をレポートする。

  • 怒りや不安を抑えたいときのコツ

    臨床心理士としていろいろな方とお話ししていると、感情のコントロールの仕方を教えてくださいといわれることが多くある。コントロールが必要な感情とは、怒りや不安といったネガティブな感情のことだと推察される。そこで今回は、そうした怒りや不安のコントロールについて考えてみたいと思う。

  • パワハラと“嫉妬”

    日本レスリング協会のパワーハラスメント(以下、パワハラ)問題が、世間を賑わせている。もちろん当事者にしかわからないことばかりだが、報道によると、選手や後任のコーチに対する「嫉妬」が原因の一つではないかと思われる。企業においても、パワハラ(パワハラに限らず、ハラスメント行為すべて)は、大きな問題になっている。以下、職場のパワハラの原因になりうる「嫉妬」について検討してみたい。

  • 「小論文試験」で何が分かるのか

    社員の昇級・昇格に際し、小論文試験を実施する企業は多い。しかしながら、小論文試験の機能を正しく理解したうえで実施している企業は、必ずしも多くないかもしれない。果たして、社員に小論文を記述させると何が分かるのだろうか。

  • 2018年、RPAでビジネスは変わるか?地方、行政にも拡がる「業務自動化」

    昨今、人手不足による業務負担の増加を背景とした、長時間労働を削減する打ち手の一つとして、RPAが脚光を浴びている。RPAとは、「Robotic Process Automation」の略で、ソフトウェア型ロボットによる、PC業務自動化の取り組みのこと。これにより主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担うことが期待できる。金融業界での入力作業などで導入が先行している印象だが、民間のみならず自治体でもRPAの活用が進められつつある。RPAツールを使いこなせる人材育成にまつわる課題など、複数の事例からRPA活用の今を追う。

  • いま注目されている採用手法

    労働力人口の減少、働き方の多様化、さらには仮想通貨の出現に象徴される社会システムの変化などに合わせて、企業の採用手法も変わってきている。20代・30代の若年層は、「賃金よりも有給休暇の消化率等のワークライフバランスを重視する」というデータがはっきりと出ており、今後の企業を支える若者に“刺さる“採用方法に変えていかざるをえないのは必定だ。しかし、いまだ求人媒体やハローワークなどの従来型の採用方法に依存している企業は多い。以下、「採用」についての包括的な解説をしつつ、現在注目を浴びている採用手法を紹介する。