22年新卒採用選考の一部にAIを用いた分析システムを導入し、バイアスに囚われない選考を目指す。野村アセットマネジメント

野村アセットマネジメント株式会社は、22年新卒採用選考において、タレンタ株式会社が展開するデジタル面接プラットフォーム「HireVue(ハイアービュー)」の面接データ分析システム「HireVue AIアセスメント」を導入する。非対面選考のひとつとして、従来のように面接者ではなくAIが判定を実施することで、より多くの候補者を後続の選考対象とし、多様性のある採用を実現させたい考えだ。

事前に決められた質問に候補者が録画で回答し、AIが社会人基礎力を測る

野村アセットマネジメントでは、求める人物像に合った候補者とのマッチング実現に向け、選考プロセスを設計してきた。その中の「非対面選考」のひとつとして、事前に決められた質問に対する回答を、候補者が録画データとして提出する「オンデマンド面接」を導入する。今回同社が採用する「HireVue AIアセスメント」は、応募者の録画データを分析して、社会人基礎力を測定するシステムだ。その評価・分析に用いるコンピテンシー(指標)が、同社が定義する採用基準指標と整合性がある点や、AI開発過程およびデータサンプルの信頼性に期待が持てる点から、導入を決定したという。

本システムの導入により、従来よりも多くの候補者を後続の選考の対象とし、多様性ある採用選考を実現させたいという。さらに、将来的には自社の採用基準の重みに合わせてチューニングを行い、求める人物像により適応するAIモデルを構築したい考えだ。

昨今、さまざまな場面でAIを導入する動きが広がっている。選考にもAIを導入することで、面接官による評価のばらつきや偏見などを払拭し、より透明性のある採用の実現につながるか、今後の展開に注目が集まりそうだ。