テーマ別研修

【オンライン開催】テレワーク社員の生産性向上

めまぐるしい変化の時代こそ、真に生産性を向上させる5つの思考フレームを身につける


【オンライン開催】テレワーク社員の生産性向上 【フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社】
費用 無料
会場 ZOOM開催

東京都千代田区三番町5-7 精糖会館7F

ジャンル テーマ別研修
提供 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社

解決できる課題

社員・組織のイノベーション力を高めたい

社員の積極性・自発性を向上させたい

社員のモチベーションを向上させたい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

令和2年に起こった出来事は私たちに「半強制的」な働き方改革をもたらしました。


その後、緊急事態宣言時には急遽リモートワークや時差出勤を導入した企業において、そのような働き方を新しいスタンダードとしているケースもあれば、徐々に会社へ出社する割合を増やしているケースもあり、働き方が多様化してきています。

しかし新しい働き方は様々な側面を兼ね備えている関係で、一概に「どのような働き方が正しいか」を決定するのにはまだまだ判断が難しい状況にあります。
一方で、個々は「生産性を高め続ける」という不変のミッションを引き続き追い続けることが求められています。



不確実性の時代を生きる私たちが、めまぐるしい変化が続く世の中にあっても生産性を高め続け、公私両面で豊かな人生を送るには、どうすればいいのでしょうか?



ベストセラー「7つの習慣」の著者であるスティーブン・R・コヴィーは、「目まぐるしい変化の起こる時代」においては以下の5つの原則が必要不可欠だと提言しています。



1. 原則中心であること
本当に重要で効果的なことは何かという視点に立って時間を使う考え方、パラダイムを自分の中に植えつけておく。
2. 良心に導かれていること。
自分の内面の奥深くにある価値観と調和を保ちながら、自分の能力を最大限に発揮できる計画を立てる。
3. 価値観や長期的な目標を含めて、自分だけに与えられたミッションを明確にできる。
進むべき方向をはっきりと見て、目的意識を持って毎日を生きる。
4. 人生における自分の役割を明確にし、バランスのとれた生き方を心掛ける。
毎週、それぞれの役割の目標を定め、活動の予定を組む。
5. 1週間単位のスケジューリングによって視野を広げる。
1日単位の狭い視野から解放され、1週間単位で大局的に物事を捉え、広い視野で自分の重要な役割を再認識し、内面のもっと奥深くにある価値観を見つめ続ける




今回開催するソリューション説明会では、以上の5つのポイントを体系的に「ラーニング・プロセス」という形で学び続け、行動変容にまで落とし込むためのヒントをお伝えしています。


同ソリューションはオンライン対応可能となっていますので、是非ご参加をご検討頂ければと思います。



こんな課題を社内で抱えている経営者・人事担当者の方にオススメです。

・様々な働き方での時間管理がうまく行えていない
・自己管理(身体・メンタル)ができない社員が増えている
・社員の主体性が減少している
・タスクに追われているだけのメンバーが増えている
・残業時間が減らせない
・組織全体の生産性が落ちている、もしくはなかなか変わらない
​・組織全体のコミュニケーション量が減っている

会社情報

社名 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
住所 〒102-0075
東京都千代田区三番町5-7 精糖会館7階
代表者 ブライアン・マーティーニ
資本金 26000000円
売上高 非公開
従業員数 62名