人材育成・研修全般

生産性を向上する!新しい目標達成マネジメント手法<OKR・OODA>

個人・組織の成果を2倍にする目標設定とタスクの実行


生産性を向上する!新しい目標達成マネジメント手法<OKR・OODA> 【TAC株式会社】
費用 無料
会場  TAC八重洲校

東京都中央区京橋1-10-7KPP八重洲ビル

JR東京駅中央口より徒歩5分  日本橋駅B1出口より徒歩3分  京橋駅6番出口・宝町駅A6出口より徒歩4分

ジャンル 人材育成・研修全般
提供 TAC株式会社

解決できる課題

社員のリーダーシップを強化したい

社員のチームワークを向上させたい

社員のモチベーションを向上させたい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

生産性の向上が組織全体に求められ、より高い目標をより効率的に達成することがどの企業にも求められています。
以前よりもさらに高い目標をどう設定し、どのように実行すれば達成までできるのでしょうか。
心理的観点、戦略的観点の双方から目標を改めて見直し、『OKR』や『OODA』など最新の目標マネジメント手法をご紹介いたします。

<OKRとは?>
OKRとは目標の設定・管理方法のひとつで、Objectives and Key Results(目標と主要な結果)の略称です。米・インテル社で誕生し、GoogleやFacebookなど、シリコンバレーの有名企業が取り入れていることで、近年注目を集めています。(日本企業はメルカリなど)OKRは一つのO(目標)に複数のKR(主要な結果)が付随するというかたちで成り立っています。
OKRを行う目的は、会社、部署、個人の目標が連動し、同じベクトルを向いた状態にすることです。

<OODA/ウーダとは?>
OODAは、先の読めない状況で成果を出すための意思決定方法です。OODAは、PDCAサイクルと同じように4つのステップに分かれています。そのステップとは、「観察(Objective)」「状況判断・方向付け(Orient)」「意思決定(Decide)」「実行(Act)」の4つです。

プログラム

2020/1/15(水)
15:00-17:00

新しい目標達成マネジメント手法

1.目標達成の本質的構造

2.新しい目標達成・マネジメント手法〜OKR、OODA〜

3.KPI、PDCAとの違いと使い分け

4.実践目標設定ワーク〜卓越性と可能性の視点〜

5.達成を粗大する要因への対処〜心理要因と組織環境要因〜

講師情報

植田 智己(うえだ ともき)氏

大学卒業後、株式会社ClubMedに入社。マレーシア・タイ・インドネシアに現地駐在。
帰国後、株式会社ルネサンスにて店舗、エリアマネジメントを実施し、社内の人材教育に携わる。人材強化及び制度の整備を推進、人事・教育制度の構築及び研修体系を整備。自らも研修講師としてさまざまな研修を行う。その後、組織開発コンサルティング、人材開発の経験を活かし、商社・金融・メーカー・エネルギー・サービス業界及び官公庁・学校などから、人材開発・組織開発のコンサルティングを請け負う。
また、ODAとしてジブチ共和国(アフリカ)にて政府系コンサルティングを経験。
社会人向けビジネススクールの責任者としてテーマ別研修プログラムの開発及びコンサルタントの育成を手掛ける。
(講師実績)
大手メーカー、大手サービス、大手流通など業種を問わず多数実績がある。
研修テーマは、マネジメントスキル、リーダーシップ、チームビルディング、コミュニケーションスキル、組織開発、部下育成、コーチング、モチベーション、プレゼンテーション、OJT、ファシリテーション、キャリアデザインなど広範囲にわたる。

会社情報

社名 TAC株式会社
住所 〒101-8383
東京都千代田区神田三崎町3-2-18
代表者 多田 敏男
資本金 9億4,020万円(2020年3月末現在)
売上高 203億3,100万円(2020年3月期連結)
従業員数 連結583名 単体538名(2020年3月末)