調査レポート

「HR総研 人事白書2015」人材育成に関する調査結果【2】
「階層別研修」今後のカギは「中堅社員」育成の強化

HR総研が発行する年次報告書「HR総研 人事白書2015」より、人材育成について一部データを引用してレポートする。人材育成に関する調査結果 第2回は「階層別研修」について。

 「階層別研修」の実施を調査したところ、全体で83%の企業が「実施している」と回答しており「階層別研修」は日本の企業において教育体系の主軸であると言える。
しかしながら、企業規模によりその傾向は異なり、大企業では98%とほとんどの企業で階層別研修を実施しているが、中堅企業では93%、中小企業では66%と、3社に2社の割合にとどまっている。

 実施をしている階層別研修を聞いたところ、最多回答は「新入社員研修」(91%)、次に「新入社員フォロー研修」(68%)、「内定者フォロー研修」(58%)と続く。新人教育に重点が置かれており、職位が上がるほど、階層別研修の実施割合は少なくなることがわかる。

一方で、「今後強化する階層別研修」については、半数(50%)の企業が「中堅社員研修」と回答。「管理職手前研修」も34%あり、管理職になってからではなく、管理職になる前からの教育を重視する傾向がみられた。

※企業規模別、メーカー/非メーカー別の傾向等、詳細はログインの上、ご確認ください※

▼「HR総研 人事白書2015」全9巻 お申込はこちら
http://www.hrpro.co.jp/hks.php

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

こちらのコンテンツのご利用には会員登録・ログインが必要です。

ID/PWを忘れた場合はこちら

ログイン

登録するとHRプロポイント100P進呈中!

無料会員登録