【お役立ち資料】
デザインを最大限に活用して ブランド価値を高める 参考集

様々な販促手法があるなかで他社と差別化を図り、顧客・消費者の共感を得るために重要な『デザイン』に『何を、誰に、どう伝え、どうなりたいか』のメッセージをしっかり込められていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●コロナ禍における販促施策の傾向

企業は、自社ブランドまたは自社で展開するブランド商品の価値を最大化するために、その時の課題や目的に合わせてプロモーション活動を行う。主旨・目的は大きく次の4 つに分けられる。
(1) ブランド認知度向上
(2) 購買促進(売り上げ加速・拡大)
(3) 新規顧客獲得
(4) リピート顧客の囲い込み(ファンづくり)
競合他社あふれるブランドの中でナンバーワンを目指すために、各企業はイベント開催やキャンペーンの立案、プレミアムインセンティブやノベルティーグッズの企画・開発、店頭POP 展開などのプロモーションを行ってきた。
しかし、コロナ禍によって人がリアルで対面する機会が減った今は、「非接触型」のアプローチが当たり前の時代となった。強化すべきプロモーションのツールも大きく変わったのである。


●資料目次・内容 「デザインを最大限に活用して ブランド価値を高める」
 ・コロナ禍における販促施策の傾向
 ・ストーリーとデザインの必要性
 ・差別化するためのデザイン設計

解決できる課題

次世代経営者を育成したい

管理職の能力を高めたい

部長・役員の能力を高めたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社タナベ経営
住所 〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原3-3-41
代表者 代表取締役社長 若松 孝彦
資本金 17億7,200万円
売上高 87億9千7百万円(2018年3月期)
従業員数 411名(2020年4月1日現在)