株式会社フリーウェイジャパンは2022年6月13日、「2022年度夏のボーナス実態調査」の結果を発表した。調査期間は2022年5月23日〜30日で、中小企業および零細企業の従業員279名と、代表取締役114名の合計393名から回答を得ている。これにより、中小企業および零細企業における2022年度の夏季ボーナスの支給予定や、従業員の評価などが明らかとなった。
2022年度夏のボーナスを「支給予定」とした中小・零細企業は前年から大幅に増加し4割以上に。業績が向上した企業も多数か

夏季ボーナスを「支給予定」の企業は前年と比べ大幅に増加

中小企業および零細企業における、2022年度の夏季ボーナスの支給状況はどのようになっているのだろうか。

はじめにフリーウェイジャパンは、代表取締役に対して「夏のボーナスの支給予定」を尋ねている。すると、「支給予定あり/支給済み」が43%で、2021年度同調査に比べて24.5ポイント上昇した。一方、「支給予定なし」は29.8%で、前年調査よりも23.3ポイント減少した。
2022年度夏のボーナス支給予定

2割以上の企業が「2021年度下期〜現在で業績が上がった」と回答

続いて、同社は「2021年度下期から2022年度上期にかけての業績の変化」について質問している。その結果、最も多かったのは「変化なし」で35.1%だった。他方で、「業績が上がった」は21.9%で、2021年度同調査から9.6ポイントの上昇となった。また、「業績が下がった」が19.3%、「2021年度下期では業績が上がったが、2022年度上期は業績が下がった」が13.2%などと続いた。
2021年度下期から2022年度上期での業績の変化

支給額のボリュームゾーンは「10万円〜30万円未満」が多数に

次に、同社は調査対象の従業員に対し、「夏のボーナスの支給予定および支給額を把握しているか」を尋ねている。すると、「すでに支給された」が1.4%、「未支給だが、予定があり支給額も把握している」が24.7%で、合計26.1%が支給済み、または支給予定とその金額を把握していた。
夏季ボーナスの支給予定および支給額を把握しているか
また、「支給済み」および「未支給だが、予定があり支給額も把握している」とした従業員に対し、「ボーナスの支給額」を聞いている。すると、「20万円〜30万円未満」が23.3%で最多となり、次いで「10万円〜20万円未満」が21.9%と、ともに2割を超えた。支給額のボリュームゾーンは、「10万円〜30万円未満」の企業が多いと推測できる。
2022年度夏のボーナス支給額

6割以上が「支給額に納得している」と回答

続いて、同社は「支給済み」および「未支給だが、予定があり支給額も把握している」とした従業員に対し、「2022年度夏のボーナスに対する評価」について聞いている。すると、「納得している」が39.7%、「やや納得している」が24.7%で、合計64.4%が支給額におおむね納得していることがわかった。また、以下は、「納得していない」と「あまり納得していない」がともに12.3%、「どちらともいえない」が11%となった。
2022年度夏のボーナスに対する評価
本調査より、4割以上の中小企業および零細企業において、2022年度の夏季ボーナスを支給済みまたは支給予定があることがわかった。前年度と比較して、支給予定の企業や業績が向上している企業も多いことから、周囲の動向も注視しつつ、今後の支給方針を定めていきたい。