経済産業省(以下、経産省)は2022年4月8日、中堅・中小企業等のDX推進に向けた「中堅・中小企業等向け『デジタルガバナンス・コード』実践の手引き」と、中小企業がAIを導入する際のノウハウをまとめた「中小企業向けAI導入ガイドブック」を取りまとめたと発表した。これらを中堅・中小企業の経営者および担当者に活用してもらうことで、企業のDX推進およびAI導入を後押ししたい考えだ。
経産省が中小企業向けに「『デジタルガバナンス・コード』実践の手引き」と「AI導入ハンドブック」を公表。DX推進の後押しに

中小企業のDX推進に向け、好事例の紹介やAI導入の手順などを説明

経産省では、企業のDX推進にあたって経営者がとるべき対応を取りまとめた「デジタルガバナンス・コード」を公表するとともに、「DX銘柄」等の施策により、好事例の創出および取り組みの紹介を行なってきた。一方で、「DX銘柄」の選定対象は大企業が多く、中堅・中小企業等がこれらの好事例を参考にしにくい場合もあることを課題としていたという。

そこで、新たに「中堅・中小企業等向け『デジタルガバナンス・コード』実践の手引き」を作成・公表した。この手引きでは、DX推進に取り組む中堅・中小企業等の経営者や支援機関の参考となるよう、「DX推進の際に求められること」等について事例を交えて解説している。具体的には、中小企業向けのDXの進め方や、デジタルガバナンス・コードを実践している例等を紹介しているとのことだ。詳細は経産省のHPより確認できる。

また、「中小企業向けAI導入ガイドブック」は、今後AI導入を実施する中小企業向けに、自社の状況を踏まえた適切な導入方法の判断や、自社主導によるAI導入の推進が可能となることを目的として作成したもの。「AI導入に対して、いつ・どのようなステップで意思決定すればよいのかイメージができない」、「AI導入を目指しているが、どうやって始めればいいかわからない」といった課題を抱える中小企業経営者および担当者向けに作られており、ワークシートやチェックリストを埋めていくことで、具体的な導入手順が学べる内容となっているという。また、AI導入の検討段階や検討テーマに応じて、以下の7種類の内容で構成している。

AI構想段階

1.構想検討パンフレット:AI導入の進め方や自社に合ったAI取組領域の選定等

AI導入段階

2.需要予測(製造):製造業における売上や天気等のデータを活用した分析等

3.予知保全:製造業における機械の故障予兆を振動・音響センサーデータ等を活用した検知等

4.図面自動見積り:製造業の図面見積もりにおける図面データ、原価データを用いた効率化等

5.需要予測(小売り、卸業):小売業、卸業における売上や天気等のデータを活用した分析等

6.外観検査(部品、良品のみ):製造業の検品工程における画像認識の技術を用いた効率化等

7.外観検査(部品、不良品あり):「6.外観検査(部品、良品のみ)」と同様

なお、5〜7については2021年度に公表済みだ。これらについても、詳細は経産省のHPより確認できる。

今後も経産省は、類似の課題を抱える企業が広く活用できることを目指し、本導入ガイドブックの周知や展開等を図っていきたいとしている。
中小企業向けAI導入ガイドブックの概要
今回公表された2つの資料は、中堅・中小企業がDX推進・AI導入を検討、実施する際のひとつの指針となるだろう。適切に活用しながら、自社のDXを推進してみてはいかがだろうか。