株式会社メンタルヘルステクノロジーズは2021年7月30日、「新型コロナウイルスワクチンの副反応に関する調査」の結果を発表した。調査期間は2021年7月16日〜23日で、全国の医師1,386人を対象に実施。これにより、医師の接種状況や副反応の発生割合、症状などの様子が明らかとなった。

2022年7月時点で、医療従事者の接種状況はどの程度だったか?

新型コロナワクチン接種が各自治体や職域等で進められているが、「接種を行う側」の医師の接種状況はどのようになっているのだろうか。

はじめに「新型コロナウイルスワクチンを接種したか」尋ねた。すると、「接種した」が93.7%、「接種していない」が6.2%という結果だった。医療従事者への優先接種は、速やかに進行しているようだ。
新型コロナワクチンを接種したか

ワクチン接種をしていない理由とは?

一方で、「ワクチンを接種していない」という医師に対し、接種しない理由について尋ねた。すると、最多だったのは「長期的な観点から今後の副反応が心配」で、31.3%が回答している。その他、「アレルギーが心配」が8.1%、「体調・持病が心配」が5.8%となり、ワクチン接種後の副反応に対する懸念の声があった。

また、「接種を希望するものの、予約が取れない」が8.1%、「仕事などで忙しく時間が取れない」が6.9%など、スケジュールが折り合わないことを原因にあげる回答も見られた。
新型コロナワクチンを接種していない理由

9割以上が「ファイザー製」ワクチンを接種

次に、「新型コロナワクチンを接種した」医師に対し、「ワクチンの種類」を尋ねると、「ファイザー製」が98.4%を占めた。
接種したワクチンの種類

「副反応があった」と答えたのは全体の6割、最多は「接種部の痛み」

続いて「ワクチンを接種したことで、副反応が発生したか」を尋ねた。すると、「発生した」が61.9%、「発生しなかった」が38%で、6割以上に副反応があったことがわかった。
ワクチン接種後、副反応が発生したか
最後に「接種後の副反応」について尋ねると、最多だったのは「なし」で40.2%となり、4割の人は副反応がなかったと答えている。

次点は「接種部の痛み」で17%となった。また、「接種部の痛み 倦怠感」が4.8%、「接種部の痛み 発熱」が4.7%、「接種部の痛み 頭痛」が0.7%で、複合的な副反応も含めると「接種部の痛み」があらわれた人は合計27.2%にのぼっている。それ例外に、「発熱」(11.6%)、「倦怠感」(7.9%)、「発熱 倦怠感」(5.1%)といった回答もあった。

なお、「その他」を選択した医師は4.3%だった。自由記述では、「全身の痛み」や「握り拳大のリンパ節腫脹」などの回答が寄せられ、強い副反応があらわれた医師もいたようだ。
ワクチン接種後の副反応
新型コロナワクチン接種は、医療従事者や高齢者を優先に始まったが、現在では職域接種など、様々な接種体制が確保されつつある。接種を希望する人が積極的に接種していけるように、企業側も“従業員のフォロー”に努めていきたい。