解決できる課題

職務適性の診断をしたい

性格・気質を診断したい

自社の人事ビッグデータを解析したい

サービス内容

活躍人材を見極め、採用し、定着させるための未来予測型ピープルアナリティクスサービス。属人的な経験と勘、感覚による人事から脱却し、どんな組織でも「定量化→分析→予測→改善」をワンストップで実現。

AIの力で活躍人材が、わかる・きまる・はまる!
「資質診断(データ×AIによる人材情報定量化ツール)」

※「資質診断」は株式会社アッテル(Attelu, Inc.)の「アッテル診断」を使用。

【資質診断の特徴・概要】
■ AIの力で活躍人材が、わかる・きまる・はまる。
 テレワークの浸透によりプロセス評価が難しくなりつつあるいま、経験と勘に頼った”感覚人事”では対応できなくなりつつあります。人の目“だけに”頼らない、評価の新機軸をご提供します。
■ 活用方法:採用・配置・評価・部下育成・自己啓発、それぞれにご活用いただけます。
■ 所要時間:10〜15分(120問)で個人の資質・価値観を定量的に分析。
 【強み】【注意点】が把握できる。
■ 受診方法:Webアンケート形式ですので、解答用紙の配布や回収の手間がかかりません。
■ 診断報告:PDFにてご提供します。


【資質診断の活用効果】
「面接で見極めができている」
「地頭がいいほうが活躍しやすい」
「活躍人材と似た人を採用すれば間違いない」
「ストレス耐性が高ければ、早期退職しにくい」
「エンゲージメントスコアが高ければ退職率は低い」・・・
これらは“感覚人事”にありがちな勘違い。
資質診断は、データ×AIで“脱・感覚人事”をサポートします。

●ポイント1:「わかる」(定量化)
 10万人のデータ×AIにより開発された「適性診断」。自社における活躍人材の傾向が明確に。

●ポイント2:「きまる」(採用)
 組織の活躍人材を、AIが予測。勘や経験に依存せず、データで理解した上で採用が行えるので、決まりやすい。

●ポイント3:「はまる」(最適配置・定義)
 組織との相性・上司との相性を定量化。活躍しやすい最適配置を実現することで、人材が活躍・定着する。

●ポイント4:「受け入れやすい」
 “良い・悪い”ではなく、“どちらに近いか”を定量化。主観的な判断が加わらないので受診者が受け入れやすい。

●ポイント5:「すぐに分かる」
 診断受診は10〜15分で完了。AIにより即時に診断結果が分かるので、採用現場で必要な人材を逃さない。

●ポイント6:「安心のセキュリティ」
 通信の暗号化や専門業者のクラウドサーバ上でのデータ管理により、強固なセキュリティとデータの蓄積を両立。

事例紹介・ユーザーの声

【導入企業様の声(専門商社 採用担当)】

「応募が多くとも、コストを抑えながら自社に合った人材を見極められるツールはないか?」と探していたところ、資質診断を見つけました。導入して感じた変化は、採用フローの応募段階でコストを気にせずに、何度も適性検査を使えるようになったことです。同時に、感覚ではなく、客観的な指標でスクリーニングが可能になってよかったと思っています。

会社情報

社名 株式会社タナベ経営
住所 〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原3-3-41
代表者 代表取締役社長 若松 孝彦
資本金 17億7,200万円
売上高 87億9千7百万円(2018年3月期)
従業員数 411名(2020年4月1日現在)