「アクティブラーニング」とは何か? 企業の教育や研修へのメリットを紹介

HRの注目ワード徹底解説

受講者が能動的に学習に参加する学習形態「アクティブラーニング」。近年、社内の教育や研修に取り入れる企業が増えてきている。背景には、ビジネスパーソンに求められる能力が変化していることがある。生産性を重視する社会構造に変わり、自ら主体的に課題を発見し、新たなアイデアを用いながら、周囲を巻き込んで課題を解決していくことがビジネスの現場で求められるようになってきた。本記事ではアクティブラーニングの内容やメリットについて紹介する。

「アクティブラーニング」とは?

「アクティブラーニング」とは、受講者自らが能動的に取り組む学習方法を指す。従来の研修でよく見られる、講師がテキストや資料の内容を受講者に解説する形式とは異なる手法だ。受講者同士で情報を発信するのが、アクティブラーニングの特徴と言える。

例えば、企業の研修として実施する際は、議論やゲーム、ビジネスシミュレーションなど、グループワークが中心となる。受講者は自身で情報を集めて発表したり、一人ひとりに異なる資料を渡してディスカッションしたりする。講師は基本的に、受講者に対して、「これについて調べてみてはどうか」、「これについてはどんな意見か」など、気づきを提供する。講師の役割も従来の研修とは異なっている。

「アクティブラーニング」が注目されるようになった背景とは?

「アクティブラーニング」は1980年代のアメリカから始まった。教育の大衆化を進めるなかで、「今の学習方法では理解が進まない」、「モチベーションを保てない」といった声が教育の現場からあがったという。学習方法を見直す動きがアメリカ国内で生まれ、学習者が主体となる学習方法が考案される。それがアクティブラーニングのはじまりと言われている。

日本で注目されるようになったのは、2012年8月に文部科学省が開催した中央教育審議会での答申がきっかけだ。ここで日本の教育現場でも、アクティブラーニングを導入する必要性が問われることになった。

「教員と学生が意思疎通を図りつつ、一緒になって切磋琢磨し、相互に刺激を与えながら知的に成長する場を創り、学生が主体的に問題を発見し解を見いだしていく能動的学修(アクティブラーニング)への転換が必要」というのが、答申の主な内容になっている。

つまり、「個々の学生の認知的、倫理的、社会的能力を引き出し、それを鍛えるディスカッションやディベートといった双方向の講義、演習、実験、実習や実技等を中心とした授業への転換に取り組む必要がある」と述べている。この答申によって、大学、高校などの教育機関や関係者から注目されるようになったのだ。

ビジネスにおいてもアクティブラーニングが活用されるようになったのには、どのような背景があるのだろうか。それは社会構造の変化が大きい。日本は少子高齢化に伴い、労働人口が減少の一途を辿っている。従業員一人ひとりの生産性が重要視され、自ら主体的に課題を発見し、新たなアイデアを用いながら、周囲を巻き込んで問題を解決していける人材育成が急務となっている。そこで、社内の教育や研修においても、アクティブラーニングを導入する企業が増えたのだ。

「アクティブラーニング」のメリットとは?

企業は教育や研修に「アクティブラーニング」を導入することで、どのようなメリットが得られるのだろうか。大きく分けて7つ紹介したい。

【1】問題解決力が向上する
課題に対して自分で考え抜く必要があるため、自らの力で答えを導き出さなければならない。論理的に仮説を立て、検証を行うプロセスを積むことで、問題解決力を磨いていくことができる。

【2】主体性が向上する
講師がサポートに徹する研修形式のため、受講者には主体性が自ずと求められる。例えば、実際の研修では、ある課題に対して、各自が協力して議論を進めていかなければならない。主体的に答えを導く経験を積むことで、主体性を向上させていくことができる。

【3】発想力や創造力が向上する
アクティブラーニングでは、グループワークを通して正解のない課題に取り組まなければなりません。その際、受講者同士でディスカッションするうえで、自分にない観点や考え方に触れることができる。新しい発想をインプットすることで、発想力や創造力の向上につながりやすい。

【4】コミュニケーション能力が向上する
グループワークでは、相手の話を傾聴する、意見を伝達する、意見を集約する、議論を推進するために質問をするなど、様々なコミュニケーションを取ることが受講者に求められる。チームワークを発揮する過程で、コミュニケーションスキルを磨くことができる。

【5】人材の早期戦力化につながる
アクティブラーニングを新卒社員や中途入社者の育成計画に導入することで、座学の研修よりも学習効果を高めることができる。その結果、人材の戦力化を早期に実現できる。

【6】知識の定着率が向上する
他の受講者と議論したり、自分の考えを述べたりなど、能動的なアクションは理解が深まりやすいとされる。アクティブラーニングはエピソードとして記憶に残りやすく、座学よりも知識の定着を実現できる。

【7】リーダーシップの養成につながる
講師はあくまでサポート役のため、受講者が主体となって研修を進めていく。各自はグループワークの課題解決に向けて、「自分は何をするべきか」、「どのような責任を果たすべきか」などを考え、行動に移さなければなりません。研修を成功させるには、周囲を巻き込むことが前提となるため、自ずと一人ひとりがリーダーシップを発揮する。
「アクティブラーニング」は、教育だけでなくビジネスの現場でも注目されるようになってきた。日本では労働人口の減少に伴い、今後、一人あたりの生産性がますます従業員に求められていく。また、社会は「Withコロナ」や「VUCA」と呼ばれるように、正解のない時代に突入にしている。主体性や問題解決力、発想力のある人材育成が急務となっている今、企業の研修や教育にアクティブラーニングを導入してみてはいかがだろうか。
  • 1

著者プロフィール

HRプロ編集部

採用、教育・研修、労務、人事戦略などにおける人事トレンドを発信中。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届けします。

関連リンク