特別読み切り評価をパワーに変える | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 第3回HRテクノロジー大賞<締切2018.6.14>
特別読み切り

評価をパワーに変える

オフィス クロノス 代表 人材育成コンサルタント、社会保険労務士 久保 照子
2018/02/13

働き方改革が進む中、人事評価制度に注目が集まっている。厚労省の“人事評価改善等助成金”も、このような動きを後押ししていると言える。
とはいえ、社長の評価がそのまま会社からの評価という会社や、明快な人事評価制度がなくとも、気持ちよくかつワークしているという会社など、様々であろう。筆者は、人事評価制度は、人を育て、会社の利益が上がる仕組みと捉えている。しかし果たして、この人事評価、実態はどうなのか。
ここに産業能率大学が行った興味深い調査結果がある。従業員数100人以上の上場企業に勤務し、部下を1人以上持つ課長を対象に行ったものだ(学校法人産業能率大学「第4回 上場企業の課長に関する実態調査」2018年1月)。

これを見ると、働き方改革の中心を担う中間管理職の苦悩が、ひしひしと伝わってくる。

課長のお悩みのトップは前回(2年前)、前々回(5年前)同様“部下がなかなか育たない”。気になる人事評価に注目すると、全体として2番目に“部下の人事評価が難しい”(前回調査比 4.5ポイント増)、9番目に“部下の人事評価のフィードバックがうまくできない”(前回調査比 4.5ポイント増)がくる。働き方改革推進の影響か、どちらも大きくポイントを伸ばしている点が見逃せない。

また、現在の仕事における役割に関して尋ねると、99.2%がプレイングマネジャーであり、マネジメント業務に支障を感じている割合が6割にものぼる。前述の人事評価を含め、部下に関する悩みが増加するのは必然なのかもしれない。

職場状況の変化については、働き方の多様化、外国人社員の増加が上位にあがっている。当然、課長は組織からの期待も高く、部下の育成も求められている。本人としてもそれは自分がやるのだと自覚していることだろう。だがこうした状況は、課長職にとってますます負担が増えている構図だ。

課長の悩みは組織の悩み

部下育成に関する悩みが多い中で、今後強化したい自身の能力は何かと尋ねると、“語学力”と“戦略的にものごとを考える力”が同率でトップ。ここでは“部下を育成する力”は4位となっており、今回のテーマである人事評価すなわち“部下を適正に評価する力”は、21項目中14位であった。

しかし、多くの課長が抱える“部下がなかなか育たない”という問題は、“人事評価が難しく”、“人事評価のフィードバックが上手くできない”、という点とリンクしているはずだ。抱えている問題と本人が強化したい能力との間に乖離があることを見るにつけ、現場任せでは限界があるように感じる。採用、教育、評価、成長という仕組みがきちんと組織的に動いているのか、以下の視点から改めて一つひとつチェックしてみる必要がありそうだ。

(1)査定のためだけの評価になっていないか?
(2)評価と教育が連動しているか?
(3)評価が給与と連動しているか?
(4)評価制度が現状に合わなくなっていないか?(バブル時代の昭和型のままになってはいやしないか)

如何だろうか。課長の望む能力アップ項目として人気のない“評価”能力だが、いざ必要なものを“選択”する場面になると、いかに“評価”が大切かが、身にしみて分かってくるのではないだろうか。

プロフィール

オフィス クロノス 代表 人材育成コンサルタント、社会保険労務士 久保 照子

中小企業の実態を理解できる社会保険労務士の視点を持ち、経営課題を盛り込んだ中長期の人材育成を支援。コンピテンシー、行動力アップ、リーダー研修、レジリエンス研修を初め「行動」を重視した研修のほか各種セミナーを行う。

関連リンク

  • 人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-

    せっかく立てた人材育成計画 - 「研修」の取り入れ方で達成までの道のりは変わる

    人材育成計画で掲げた目標を達成するに当たっては、「OJT(On-the-Job Training)」、「OFF-JT(Off-the-Job Training)」、「自己啓発」の3つを継続的に実践していくことが必要です。中でも、多くの企業が注目しているのが「OFF-JT」の1つ、「研修」です。本コラムでは、人材育成計画を効率的に進めていくための研修選びのコツをご紹介します。

  • 海外進出企業の「人と組織の活性化」〜インドネシアに架ける熱き想い〜

    第4話:緊張感あふれる海外で磨かれる組織マネジメント力

    組織マネジメント関連の書籍は、時代を問わず、いつも売れ筋ランキングの上位に入っており、書店には多くの本が並ぶ。昔からの名著もあれば、いまの時代に合わせた新著もあり、いつの時代もビジネスパーソンにとって、組織をマネジメントすることへの興味関心は高いようだ。

  • 94歳現役人事コンサルタント、梅島みよが行く

    第10回 米国でダグラス.W.ブレイ博士と出会う

    この米国訪問は、時期的にも非常に恵まれていました。ちょうどこの頃、米連邦政府の雇用差別撤廃法に各州が批准し、米企業は、特にマイノリティとされる女性社員の活用と管理職への登用推進を始めていました。

  • 人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-

    働き方改革の担い手でもある「管理職」を「成果を出せるリーダー」へ

    明確なビジョンをもってリーダーシップを発揮し、個人ではなく組織として成果を出すことができる人材が管理職のあるべき姿。分かってはいても、なかなか思い通りの人材を確保できないのが実情です。今回は、組織の成果を担う管理職の育成に役立つ「管理職研修」についてご紹介します。

  • 94歳現役人事コンサルタント、梅島みよが行く

    第9回 日本企業の「女子教育」に失望、米国企業視察旅行を企画

    女性講師の有能な働きぶりを見て、機を見るに敏な社長が「ウメさん、女性講師をもっと増員しよう」と言い、早速、募集を始めました。女性教育コンサルタントは、会社での勤務経験や、社会人としての十分な良識が必要です。若過ぎても不相応なので、対象年齢は28歳以上としました。すると思いがけず素晴らしい人達から数多くの応募があり、その中からまず4名を採用し、講師として教育しました。

  • 人・組織にかかわる調査報告『人材開発白書』

    なぜ組織の成果があがらないのか〜組織マネジメントに必要な2つの側面〜

    事業成果を上げるために、どの企業も戦略を策定していることでしょう。しかし、戦略を策定するだけでは成果は上がりません。その戦略を実行することが欠かせません。現場のメンバーが実行してはじめてその果実を手にすることができるのです。その際にカギとなるものがミドルマネジャーです。ミドルマネジャーは、どうすればメンバーに戦略を実行させることができるのでしょうか。どのような組織マネジメントが必要なのでしょうか。国内企業27社、2,170 人への定量調査結果をもとに、成果志向の組織のマネジメント方法を説明します。