仕事におけるコミュニケーションスキルを高めるには? 〜グローバル共通言語のススメ〜企業におけるKT法の活用事例 | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 アフターレポート&講演レジュメ公開中!
仕事におけるコミュニケーションスキルを高めるには? 〜グローバル共通言語のススメ〜

企業におけるKT法の活用事例

ケプナー・トリゴー・ジャパン,LLC. 研修講師・コンサルタント 藤森 真美
2017/12/07

前回は、NASAの中でのKT法の問題分析の活用事例をお伝えいたしました。今回は、各企業における活用事例をいくつか紹介いたします。
ある会社のお客様相談コールセンターでは、お問い合わせの入ったトラブルの原因が、製品の不具合によるものか、購入者の使い方によるものなのかを判別するために、KT法を使っています。

KT法の問題分析に使われる情報整理のマトリックスでは、WHAT(何に)・「WHERE(どこで)・WHEN(いつ)・EXTENT(どの程度)を縦軸、IS(起きている事象)・IS NOT(起きていそうなのに起きていない事象)を横軸として、情報を整理していきます。

これによって情報の抜け落ちが防げるだけでなく、このマトリックスを埋めるための質問をマニュアルとしているので、より効率的に問題分析を行うことができます。

また、ある会社では、いくつかの案の中から最適案を決めたい時に、決めるための「ものさし」として、KT法の決定分析の一部を使用しています。

例えば、目標を定める際に、出た案を「MUST」と「WANT」に分けた後、その重要度を点数にして見ていくというものです。こうすることにより、目標を定めるうえで、何がより重要なのかを明確に認識することができます。

KT法のプロセスの共通要素として、常に状況や考えを書き記しながら進めていく、ということがあります。書いて可視化することによって「今、何をしているか」を意識することができるのです。

常に優先順位があるというのも、KT法の共通の考えといっていいでしょう。企業の中では、何かを実行する際に必ず「ヒト、モノ、カネ」が必要なので、それらに対し細かく優先順位をつけることで、重要なものから効率よく進めていくことができます。

KT法の研修では、こうしたフルプロセスを子細にわたってお伝えしていますが、今回紹介した例のように部分活用しながら、実際の業務に活かしている企業も多いようです。皆様におかれましてもまずはこうしたKT法の基本的な考え方などを、明日からの仕事に気軽に使ってもらえればと思います。
  • 1

プロフィール

ケプナー・トリゴー・ジャパン,LLC. 研修講師・コンサルタント 藤森 真美

教育系広告代理店勤務後、渡米。ニューヨーク大学大学院応用心理学部カウンセリング心理学科修士号取得。日米ソーシャルサービスでインターンカウンセラーとして勤務。
帰国後、メンタルヘルスサービスを提供する民間企業で、法人契約団体の所属員及びその家族を対象に、電話相談(セクハラ相談を含む)・メール相談・面接相談、職場復帰支援に従事。現在、職場改善、人材開発、メンタルヘルス対策における人事ご担当者様へのコンサルティング、ヒューマンスキルやメンタルヘルス分野の研修プログラム開発、研修講師として従事後、現在、ケプナー・トリゴージャパンに在籍し、業務効率改善における研修講師、コンサルタントとして活動中。

資格:ニューヨーク州認定カウンセラー
ケプナー・トリゴージャパンのお問合せ先はこちら

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    第80回 2018年卒学生が選ぶ、印象のよかった「リクルーター・社員」「面接官」とその理由

    ProFuture代表の寺澤です。 ついこの間までハロウィンでにぎわっていた街並みが、最近は早くもクリスマスムード一色に様変わりしています。今年ももう残り2カ月を切りました。1年がたつのは早いものです。 さて、先日、採用支援会社の方と話をしていたら、早くも来年6月から募集が始まるサマーインターンシップに向けてのツール制作の打ち合わせをお客さまと始めていると聞きました。今年の夏から来年2月にかけて実施されるインターンシップは、主に2019年卒の学生を対象としたものになりますので、来年のサマーインターンシップとなれば、それは主に2020年卒の学生を対象としたものになります。2017年11月の時点で、2020年4月採用に向けた準備がすでに始まっているというのです。現在も来春入社予定の採用活動を継続している企業も少なくないことを考えると、実に3年分の採用活動が錯綜(さくそう)していることになります。採用担当者にとっては大変な時代になったものです。

  • 特別読み切り

    “小さな凝り”を見逃さない

    法律用語に「過失」がある。誰の目にも明らかにわかる重大な過失もあれば、一つひとつはさほど影響力のない、目にみえない小さな過失もある。しかしそんな小さな過失でも、積み重なることで、重大な過失を構成する場合がある。 この記述、病気とも思えぬ、かと言って、過激な運動をしたわけでもないのに我が身から去らぬ“凝(こ)り”と重なる。そして図らずも、昨今の成熟した企業に起きている問題を連想させる。 日々おこる諸々の中に、特別荷重なことをやっているわけではないのに、疲れが、澱が、小さな間違いが積みあがっていく。それも“知らぬ間”に…。

  • 特別読み切り

    『モモ』に学ぶ、“聴く”ことと“時間”の大切さ

    『モモ』はドイツの作家ミヒャエル・エンデによる児童文学作品。人間が時間泥棒に盗まれた時間を取り返してくれた女の子の物語だ。40年以上前に書かれた本だが、働き方改革を行っている現代日本でも、大変参考になる部分が多い。働き方改革の目指すものは、いわば、長時間労働とマスが支えた生産から、適正な時間と個々の持ち味・能力を活かした生産へ変革すること、そして、働く人々の心を豊かにすることだ。『モモ』において主人公の女の子モモは、いかにして周りの人々の心を豊かに変えたか、他ならぬ「相手の話を聴く」ことによってである。

  • 大学の就職支援室からみた新卒採用

    第61回 応募倍率の罠

    最近、特に行政関係の方から「民間企業の採用意欲が旺盛で公務員志望者が少なくなっている、学内で求人説明会をやらせて欲しい」という依頼を受けることが多くなりました。応募者が集まらないのは認知度が低くアピールが足りないためではないか。もっと知ってもらう機会が必要なので、大学で直接学生にアピールさせてほしい、というロジックのようです。

  • 書籍レビュー

    『人材育成ハンドブック――いま知っておくべき100のテーマ』 ―― 人材育成を網羅・俯瞰した実用性の高い参考書

    働き方に関する考え方や仕事のやり方の変化、人材の多様化など、時代の変化が目まぐるしい中、企業における人材育成の在り方・やり方の見直しは急務となっている。さらにAIの登場などテクノロジーの進歩で、人間にしかできないことも問われていると言えるだろう。 本書は、のべ13,000社・200万人以上の人材育成をサポートしてきたトーマツ イノベーション株式会社により、人材育成に関する基礎知識や理論が広範に収録。再認識しておきたい用語・概念から新たに学びを必要とする領域までを網羅しており、経営層や人事担当者の参考書としても活躍する一冊となっている。

  • マネジメント、リーダーシップを超える力、「イノベーターシップ」

    第9回 イノベーターシップを実現するライフシフト〜30代での挑戦の意味とは?〜

    この連載では、多摩大学大学院のキーコンセプトである「イノベーターシップ」について述べている。前回からは「イノベーターシップを実現するためのライフシフト」について考えており、今回のテーマは「30代での自分づくり」だ。人生100年時代において、イノベーターシップを生涯現役として発揮しつづけるためには、自分らしいライフシフトを実現し続けなければならない。そのためには、30代をどのように位置づけ、どんな風に過ごしたらいいのだろうか。