仕事におけるコミュニケーションスキルを高めるには? 〜グローバル共通言語のススメ〜企業におけるKT法の活用事例 | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 第7回チャレンジ大賞 応募受付開始!
仕事におけるコミュニケーションスキルを高めるには? 〜グローバル共通言語のススメ〜

企業におけるKT法の活用事例

ケプナー・トリゴー・ジャパン,LLC. 研修講師・コンサルタント 藤森 真美
2017/12/07

前回は、NASAの中でのKT法の問題分析の活用事例をお伝えいたしました。今回は、各企業における活用事例をいくつか紹介いたします。
ある会社のお客様相談コールセンターでは、お問い合わせの入ったトラブルの原因が、製品の不具合によるものか、購入者の使い方によるものなのかを判別するために、KT法を使っています。

KT法の問題分析に使われる情報整理のマトリックスでは、WHAT(何に)・「WHERE(どこで)・WHEN(いつ)・EXTENT(どの程度)を縦軸、IS(起きている事象)・IS NOT(起きていそうなのに起きていない事象)を横軸として、情報を整理していきます。

これによって情報の抜け落ちが防げるだけでなく、このマトリックスを埋めるための質問をマニュアルとしているので、より効率的に問題分析を行うことができます。

また、ある会社では、いくつかの案の中から最適案を決めたい時に、決めるための「ものさし」として、KT法の決定分析の一部を使用しています。

例えば、目標を定める際に、出た案を「MUST」と「WANT」に分けた後、その重要度を点数にして見ていくというものです。こうすることにより、目標を定めるうえで、何がより重要なのかを明確に認識することができます。

KT法のプロセスの共通要素として、常に状況や考えを書き記しながら進めていく、ということがあります。書いて可視化することによって「今、何をしているか」を意識することができるのです。

常に優先順位があるというのも、KT法の共通の考えといっていいでしょう。企業の中では、何かを実行する際に必ず「ヒト、モノ、カネ」が必要なので、それらに対し細かく優先順位をつけることで、重要なものから効率よく進めていくことができます。

KT法の研修では、こうしたフルプロセスを子細にわたってお伝えしていますが、今回紹介した例のように部分活用しながら、実際の業務に活かしている企業も多いようです。皆様におかれましてもまずはこうしたKT法の基本的な考え方などを、明日からの仕事に気軽に使ってもらえればと思います。
  • 1

プロフィール

ケプナー・トリゴー・ジャパン,LLC. 研修講師・コンサルタント 藤森 真美

教育系広告代理店勤務後、渡米。ニューヨーク大学大学院応用心理学部カウンセリング心理学科修士号取得。日米ソーシャルサービスでインターンカウンセラーとして勤務。
帰国後、メンタルヘルスサービスを提供する民間企業で、法人契約団体の所属員及びその家族を対象に、電話相談(セクハラ相談を含む)・メール相談・面接相談、職場復帰支援に従事。現在、職場改善、人材開発、メンタルヘルス対策における人事ご担当者様へのコンサルティング、ヒューマンスキルやメンタルヘルス分野の研修プログラム開発、研修講師として従事後、現在、ケプナー・トリゴージャパンに在籍し、業務効率改善における研修講師、コンサルタントとして活動中。

資格:ニューヨーク州認定カウンセラー
ケプナー・トリゴージャパンのお問合せ先はこちら

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • マネジメント、リーダーシップを超える力、「イノベーターシップ」

    第11回 イノベーターシップを実現するライフシフト(4)

    この連載では、多摩大学大学院のキーコンセプトである「イノベーターシップ」について述べている。第8回からは「イノベーターシップを実現するためのライフシフト」について考えており、今回はいよいよ、その最終コーナーとなる50代での自分づくりだ。人生100年時代において、イノベーターシップを生涯現役として発揮しつづけるためには、自分らしいライフシフトを実現しつづけなければならない。そのために、この50代をどう位置づけ、どんな風に過ごしたらいいのだろうか?

  • 海外進出企業の「人と組織の活性化」〜インドネシアに架ける熱き想い〜

    ASEANの盟主インドネシアという国

    本コラムは、筆者が2014年から2年間インドネシアを生活拠点とし、2016年からは日本と同国を毎月行き来している経験から、現地に展開する日系企業の「人と組織の活性化」を考察する。文化や生活環境が異なるインドネシアで日本人がいかに強い組織を作っていくのかを、著者の実体験や現地で活躍されている専門家や経営者のインタビュー、アンケート分析などを通じて紐解いていく。第1回はインドネシアという国の概要をお伝えする。

  • 大学の就職支援室からみた新卒採用

    第64回 留学生の就職支援

    金沢大学でも文部科学省の採択を受けて、留学生の就職支援に本格的に取り組むことになり、現在試行錯誤中です。これまでももちろん、現場レベルの取り組みはあり、各企業様から採用していただいた実績もあるのですが、今後より大規模に、多くの人数の実績を上げるために、何に取り組めばよいか?さまざまな情報を集めています。これまでの本学の採用実績や、企業のヒアリングを行っていく中で、一般的に留学生を募集する会社は、おおよそ4つの類型に分類されるかなあ、というところまで見えてきたので、以下にご紹介します。

  • たくましい新人育成を目指せ

    第73回 会社の仲間と仲良くやっていくためには、多少いやな付き合いも我慢して付き合う必要がある

    お客様から聞く新入社員の言動で、問題のある傾向の一つとして、次のようなものがあります。 ・歓迎会に、プライベートを理由に参加しない新人がいる ・研修所内では、すれ違い時に挨拶をするが、朝、同じバスに乗ってきても完全に無視する ・他の社員と昼食に行くとか、飲み会にいくとかしない

  • 特別読み切り

    評価をパワーに変える

    働き方改革が進む中、人事評価制度に注目が集まっている。厚労省の“人事評価改善等助成金”も、このような動きを後押ししていると言える。 とはいえ、社長の評価がそのまま会社からの評価という会社や、明快な人事評価制度がなくとも、気持ちよくかつワークしているという会社など、様々であろう。筆者は、人事評価制度は、人を育て、会社の利益が上がる仕組みと捉えている。しかし果たして、この人事評価、実態はどうなのか。

  • 歴史を動かす行動理論

    第28回 大山巌(おおやま いわお)

    西洋文化への憧憬と造詣が深かった。西洋かぶれと呼ばれた彼は「日本人最初のルイ・ヴィトンの顧客」であった。ヴィトンの顧客名簿に自筆のサインが残っているそうである。 同郷の東郷平八郎と並んで「陸の大山、海の東郷」といわれ、マッカーサーに英雄と心酔させた大山巌である。