第4次産業革命の下での働き方改革と人づくり革命

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017講演録

現在、日本では、「働き方改革」と「人づくり革命」に大きな注目が集まっています。政府もこの2つの改革を、経済政策の中心的な課題として取り上げているほどです。そこで今回は、経済産業省 産業人材政策室 参事官 伊藤禎則氏をお招きし、実際どのような問題意識の下でこの議論がされているのか、そして今、政府ではどのような施策や方向性が検討され、また実施されているのか――これらについてお話しいただきました。

講師

  • 伊藤 禎則 氏

    伊藤 禎則 氏

    経済産業省 産業人材政策室 参事官

    1994年東京大学法学部卒、通産省入省。コロンビア大学ロースクール修士、米国NY州弁護士登録。日米通商摩擦交渉、エネルギー政策、筑波大学客員教授、大臣秘書官等を経て、2015年より現職。経産省の人材政策の責任者。政府「働き方改革実行計画」の策定に関わる。HRテクノロジーの普及推進、経営リーダー人材育成指針、ITスキル認定制度の創設等も手がける。


この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは

著者プロフィール

HRサミット2017/HRテクノロジーサミット2017 講演録

2017/9/19-9/22開催

HRサミット2017 アフターレポート一一覧はこちら

関連リンク