人事・労務全般・その他

【Webセミナー】パワハラ指針を踏まえた講ずべきパワハラ防止措置の実務対応

2020年6月パワハラ防止措置義務化、 ハラスメント防止対策は企業の命題


【Webセミナー】パワハラ指針を踏まえた講ずべきパワハラ防止措置の実務対応 【株式会社オービックビジネスコンサルタント】
費用 無料
会場 オンラインセミナーのため、自社・自宅でご参加いただけます。

その他・海外Web

特典 ★★当日のアンケートご回答特典★★
「ハラスメント対策チェックシート」
「Cyber Risk Journal」
ジャンル 人事・労務全般・その他
提供 株式会社オービックビジネスコンサルタント

解決できる課題

組織を活性化したい

社員の健康を改善したい

自社の生産性を高めたい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

2020年6月よりパワハラ防止措置が義務化されます(中小企業は2022年6月から)。
ハラスメントが表面化すると、労災リスク、生産性低下、労働意欲低下などの負の影響が大きいと同時に、昨今ではSNSなどを通じたレピュテーションリスクも見逃すことができません。

本セミナーでは、パワハラ指針で求められている「防止措置義務」の解説にとどまらず、実務対応までを弁護士の視点から1時間で解説します。

★★当日のアンケートご回答特典★★
・「ハラスメント対策チェックシート」
 自社のハラスメント対策が現在どの段階に位置し、
 これから何をすべきか確認するためにご活用いただけます。

・「Cyber Risk Journal」
 サイバーリスクの最新動向や企業が取り組むべき対策などを紹介する情報誌

※1社2名様までお申込いただけます。お一人様ずつお申込ください。
※講師・共催企業と同業の方(士業等)はお申込みをお断りする場合がございます。
 また、お申込みは事業会社限定です。
※講師・講演内容は予告なく変更になる可能性がございます。
※今後の新型コロナウイルス拡大状況によっては開催が中止となる可能性があります。

プログラム

15:30-16:30

講演内容

1.防止措置義務の内容
@事業主の方針等の明確化及びその周知・啓発
A相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備
B職場におけるパワーハラスメントに係る事後の迅速かつ適切な対応
C@〜Bと併せて講ずべき措置

2.防止措置の実務対応
@事業主の方針等の明確化及びその周知・啓発に関する実務対応
A相談に応じ、適切に対応するために必要な体制整備に関する実務対応
B職場におけるパワーハラスメントに係る事後の迅速かつ適切な対応を可能にする実務対応
C@〜Bと併せて講ずべき措置に関する実務対応

講師情報

今西 眞氏

弁護士法人ALG&Associates パートナー・福岡支部長/弁護士

福岡県弁護士会所属。民間企業勤務を経たのち司法試験合格。
企業法務だけでなく家事事件や相続事件などの一般民事まで広く経験したのち、2015年から同法人の福岡支部長を務める。
著書には、「労働紛争解決のための民事訴訟法等の基礎知識」、「中小企業のためのトラブルリスクと対応策Q&A」(いずれも労働調査会(共著))があり、労務問題に関する企業向けセミナーや研修講師を務めるなど、企業側労務問題を中心とする企業法務に従事。
現在は一般企業のほかに、学校法人や医療法人における働き方改革の実現にも注力している。

会社情報

社名 株式会社オービックビジネスコンサルタント
住所 〒163-6032
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー32F
代表者 代表取締役社長 和田 成史
資本金 105億1,900万円
売上高 非公開
従業員数 739名(平成30年3月31日現在)