申込み1件につきHRポイント100P進呈!

特典無料

成果をつくるミドルマネジメントの育成方法~リーダー育成先進企業に共通するシンプルな秘訣

ミドルマネジメント(中間管理職)の育成は、長年にわたり課題視されている重要テーマの一つであるものの、解決の糸口が見えない状況が続いています。本セミナーでは、テクニカルな手法論ではなく、ミドルマネジメントの育成と活躍に関する課題を再定義し、各社のベストプラクティスから見える共通項とポイントを具体的に解説します。

成果をつくるミドルマネジメントの育成方法~リーダー育成先進企業に共通するシンプルな秘訣
費用: 無料
開催形式: オンライン(ライブ)
配信ツールはBiziblを使用します
備考: ■配信形式 6/13(木)ライブ配信、6/14(金)アーカイブ配信
視聴URL連絡方法: ・後日メール等で個別案内
提供会社: 株式会社リードクリエイト
特典 ●セミナーアンケートにご回答いただいた方に、当セミナーの詳細資料を差し上げます(資料のみをお渡しすることはいたしかねますのでご了承ください)
●スピーカーの吉田との壁打ちMTGをご予約いただけます(希望者のみ・無料)

このセミナーの主な対象者

人事・人材開発部門の責任者・担当者の方

日程・申込

2024/06/13(木) 15:0016:10

Googleカレンダーに登録
  • 申込締切:2024/06/12(水) 10:00
  • キャンセル受付締切:2024/06/13(木) 14:30
  • 定員:100名
申込む

セミナー概要

このセミナーのポイント!

次の問題意識をお持ちの方にオススメです

●管理職の「学び直し」に対して何から手をつけるべきか検討中
●教育研修に留まらないミドルマネジメント育成の考え方を確認したい
●「失敗しない次世代リーダー育成」のあり方を押えたい
●リーダー育成において、トレンドに流されない「普遍的なポイント」を学びたい

ミドルマネジメント(中間管理職)の育成は、長年にわたり課題視されている重要テーマの一つですが、その重要性と難しさ、そして切迫感は年々高まっています。しかしながら、各社で導入されてきた施策は表面的・断片的なものに留まることが多く、一向に解決の糸口が見えない状況が続いています。

本セミナーでは、「テクニカルな手法論」とは距離を置き、ミドルマネジメントの育成と活躍に関する課題を再定義し、「各社のベストプラクティス」から見える共通項とポイント、そして人事・人材開発部門として何に着手すればよいのかを具体的に解説します。


【プログラム内容】
 ・サクセッションプランが求められる背景と突きつけられた課題
 ・後継者育成を成功させるためのポイント
 ・後継者候補の選定と活用における実際と解決策


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ お知らせとお願い ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●6/13(木)ライブ配信の動画を翌日6/14(金)にアーカイブ配信します
 アーカイブ配信をご希望の方は、お手数ですが弊社コーポレートサイトよりお申込みください
 ⇒ 6/13(木) :ライブ配信(本サイトより申込いただけます)
 ⇒ 6/14(金) :アーカイブ配信(本サイトではお申込みいただけません)

●本サイトでの申込期限は開催日前日の10:00までです
 以降のお申込は弊社コーポレートサイトにて受付いたします

●本セミナーは人事・人材開発に従事されている方を対象に開催しています
 同業者の方、個人での自己啓発を目的とされた参加はご遠慮ください

登壇講師

  • 吉田 卓

    吉田 卓氏

    株式会社リードクリエイト 常務取締役

    大学卒業後、大手事業会社の人事部門にて、育成・評価・異動業務に従事。2005年より株式会社リードクリエイトに参画し、各社のリーダー選抜・育成に関するコンサルティング支援を担当。これまでソリューションに携わった企業は900社以上。営業部門のマネジャー、統括責任者を歴任後、2021年より現職。
    人材アセスメントを通じた「リーダー育成」に関する知見は豊富であり、各社の経営層や人事部門へのワークショップも多数開催。一般論に留まらない「実践知」をベースにした解説が好評を博している。

会社情報

社名 株式会社リードクリエイト
住所 本社 東京都渋谷区渋谷3-5-16渋谷三丁目スクエアビル 〒150-0002
西日本支社 大阪市中央区高麗橋3-3-11淀屋橋フレックスタワー10F 〒541-0043
代表者 代表取締役 赤塚 史哉
資本金 1億円
売上高 非公開
従業員数 約90名、パートナーコンサルタント250名

  • 労政時報
  • 企業と人材
  • 人事実務
  • 月刊総務
  • 人事マネジメント
  • 経済界
  • マネジー