有職者の約3割が副業経験あり、副業未経験者も約4割が今後副業をする意向

楽天インサイト株式会社は2018年8月、全国の20〜60代の有職者の男女1,000人を対象に「副業に関する調査」を実施、結果を公表した。
■同調査ではまず、「副業経験があるか」を尋ねたところ、以下のような結果であった。

・現在副業をしている(14.1%)
・過去に副業をしたことがある(16.6%)
・副業をしたことはない(69.3%)

「現在副業をしている」と「過去に副業をしたことがある」を合わせて30.7%となり、全体の約3割が副業を経験したことがあるということが分かった。

■次に、現在副業をしている人に「副業内容」を尋ねると、結果は以下の通り。(上位3位まで記載)

1位:投資(株式、不動産・、仮想通貨など)(13.5%)
2位:接客販売(9.9%)
3位:不動産運用(9.2%)
3位:ネットオークション・フリマアプリによる販売(9.2%)

また、「副業をしている理由」を尋ねたところ、結果は以下の通り。(上位3位まで記載)

1位:給料が足りないため(47.5%)
2位:趣味、生きがいのため(36.9%)
3位:仕事がなくなった時の保険のため(17.7%)

副業内容では「投資(株式、不動産、仮想通貨など)」と回答した人が13.5%で最も多く、副業をしている理由では「給料が足りないため」が約半数を占めた。

さらに、「副業の頻度」を尋ねると、結果は以下の通り。
1位:毎日(22.0%)
2位:2〜3日に1度程度(22.0%)
3位:1週間に1度程度(15.6%)
4位:月に1度より低い頻度(13.5%)
5位:4〜5日に1度程度(10.6%)

さらに続けて、「副業で得られるひと月あたりの収入」を尋ねたところ、結果は以下の通り。

1位:30,000〜50,000円未満(15.6%)
2位:100,000〜50,0000円未満(14.9%)
3位:50,000円〜10,0000円未満(12.8%)
4位:20,000〜3,0000円未満(10.6%)
5位:7,500〜10,000円未満(8.5%)

副業の頻度では、「毎日」と「2〜3日に1度程度」と回答した人がそれぞれ22.0%で最も多く、「1週間に1度」以上が約7割を占めた。副業で得られるひと月あたりの収入では、「30,000円〜50,000円未満」が15.6%で最も高くなったが、中央値は「20,000円〜30,000円未満」となった。

■次に、「過去に副業をしたことがある人」と「副業をしたことがない人」に、それぞれ「現在副業をしていない理由」を尋ねると、結果は以下の通り。(それぞれ上位3位まで記載)

【過去に副業をしたことがある人】
1位:体力的に余裕がないから(47.6%)
2位:時間がないから(43.4%)
3位:やりたい副業がないから(19.3%)

【副業をしたことがない人】
1位:時間がないから(34.2%)
2位:会社で禁止されているから(32.9%)
3位:体力的に余裕がないから(28.6%)

副業経験者では、「体力的に余裕がないから」が最も多く、2位には「時間がないから」が続く。一方、副業未経験者では、「時間がないから」が34.2%で最多。そして2位には「会社で禁止されているから」が続く。

■最後に、「過去に副業をしたことがある人」と「副業をしたことがない人」に、それぞれ「今後副業をする意向」を尋ねると、過去副業経験者では56.0%が「再び副業をする意向あり」と回答。副業未経験者では「副業の意向あり」と回答した人が41.4%であった。副業経験者のほうが、今後副業をする意向が高いことが分かった。

著者プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

「HRプロ」会員募集中!会員登録無料。

MYPAGE(マイページ)機能追加で よりご活用いただきやすくなりました!

新規会員登録(登録無料)

ログイン

今後、このメッセージを表示しない