ノバレーゼ、“自分を磨く”副業解禁で新制度導入。 狙いは「人材育成」、「人材確保」、「採用力向上」

株式会社ノバレーゼは、社員の副業を一部認める人事制度を導入し、2018年9月1日から運用を開始した。
この新制度(制度名:パラノバ) は、勤続年数を問わず全社員(執行役員、正社員、契約社員、嘱託社員の計749人。<7月31日時点>)を対象に、本業に支障のない範囲において、社員が社外で収入を得る活動を認める副業制度。

結婚式場・レストラン運営を 行う同社において、副業内容は具体的には、個人で培ったスキルを生かせるような、料理教室やヨガ教室、フラワーアレンジメントの主宰や、WEB制作やライターなどの業務委託を想定しているという。

働く形態を事業主やフリーランスに絞ることで、「社外で働く目的が、対価を得るためだけではなく、個人の力を生かした自己成長のため」となるようにし、そうして高めた技術を本業に生かしてもらうのだという。手続きの流れとしては、希望者はやりたい仕事の内容を会社に申告し、会社は申請内容を経営会議で審議する。

制度導入後は、利用者の活動内容を社内のイントラネットや広報誌で社員に共有し、会社が副業を積極的に推進していることをアピールすることで、希望を申し出にくい可能性のある新人、若手、役職者らの制度利用の敷居を下げ、運用を活発化させる考えだという。

同社がこうした制度を導入した目的は「人材の育成」に限らない。働き方改革の推進で今後ますます、複数の仕事を持つパラレルキャリアを望む層が増えると予想されるなか、個性が尊重され、多様な働き方ができる会社としてアピールすることで「人材の確保」、「採用力の向上」へとつなげる意向だ。

著者プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

HRサミット2018 アフターレポート公開中