中途採用の現場から見る「新社会人教育」の重要性|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 11/21開催:キャンリクフォーラム 大学と企業の合同相談会2017

中途採用の現場から見る「新社会人教育」の重要性


2017/02/24

中途採用者の中には「採用してよかった」と思う人材と「採用しなければよかった」と思う人材がいるものである。両者の違いは何に起因するのだろうか。

「社会人にふさわしい思考・行動」ができない中途採用者

 現在、さまざま必要性から中途採用者を雇用する企業が多い。しかしながら、雇用した中途採用者に次のような現象が見られることがある。
・時間を守らない。
・挨拶ができない。
・職場のルールに従わない。
・同じ注意を何度も受ける。
・報告、連絡、相談ができない。
・協調性に欠ける。
・責任感が希薄である。

 上記の項目はいずれも社会人として不適切な行動である。学校を卒業したばかりの新入社員ならいざ知らず、企業での就業経験を持つ中途採用者になぜ社会人として不適切な行動が見られるのだろうか。さまざまな理由が考えられるが、大きな理由の一つに学生生活から社会人生活に移行する段階で、適切な「新社会人教育」を受けていない可能性が挙げられる。

 新卒者に対して各企業では、新入社員研修の一環で社会人としての基本的な知識・意識・マナーを指導する「新社会人教育」を行うことが多い。「新社会人教育」によって多くの若者は、「時間に遅れないよう、早目に行動すること」「誰に対してもキチンと挨拶をすること」「職場のルールを守ること」「同じ失敗を繰り返さないための工夫と努力が必要なこと」「報告、連絡、相談を怠ってはいけないこと」「他者との協調性を保つ必要があること」「仕事に責任感を持たなければいけないこと」など、数多くの『社会人の基礎』を学ぶことになる。「新社会人教育」はつい先日まで学生であった若者が『社会人の基礎』を教わることにより、社会に出た厳しさや責任の大きさを初めて実感する過程でもある。

 社会人になった最初の時点でこのような教育を受け、教育内容と矛盾しない職場環境で社会人生活を歩んだ場合、その人材には上記のような『社会人の基礎』が“当たり前”のこととして心と体に染み付くものである。そのため、仮に新しい職場に移ったとしても、社会人としての好ましい思考・行動が継続され、採用した企業からは「採用してよかった人材」との評価を受けやすくなる。

「新社会人教育」が“職場適正”の高い人材を作る

 しかしながら、「卒業後、新社会人教育が十分に行われない企業に就職した」「卒業後、定職に就かずにアルバイト生活をしていた」などの中途採用者の場合には、本人が好むと好まざるとにかかわらず、社会人としての好ましい行動がとれず、社会人として当たり前の思考ができないケースが少なくない。その結果、「採用しなければよかった人材」との評価を受けやすくなる傾向にある。また、「職場環境が教育内容と矛盾する企業で勤務した」「職業人生活から遠ざかって久しい」などの中途採用者の場合も同様のようである。

 多くの中途採用者を見ていると、採用時点で「社会人に求められる基本的な行動・考え方」が身に付いていない中途採用者に対し、採用後に新たに「社会人に求められる基本的な行動・考え方」を身に付けさせるのは容易ではない。たいへん残念なことだが、そのような人材に対してどんなに“好ましい社会人”になるための教育を施しても、全く改善されないケースさえ少なくないのが現状である。

 学生生活終了後、「社会人に求められる基本的な行動・考え方」とは無縁の生活を長く送れば送るほど、その人物の思考や行動は変えようがなくなってしまうように感じる。「鉄は熱いうちに打て」の言葉どおり、初めて社会人になったときに適切な「新社会人教育」を受け、教育内容と矛盾しない職場環境で日々を過ごせるかが、“職場適正”の高い人材になれるかを決定付ける極めて重要なポイントであろうと実感することしきりである。

 中途で採用する人材が「好ましい人材」「好ましくない人材」のどちらなのかを採用前に見定めるのは容易ではないが、せめて自社を退職する人材は、他社に移っても「採用してよかった人材」との評価を受けたいものである。多くの企業が新卒者への「新社会人教育」を適切に行えれば、わが国の労働市場も今以上に活性化するのではないだろうか。

コンサルティングハウス プライオ
代表 大須賀信敬
(中小企業診断士・特定社会保険労務士)
2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 「働き方改革」・「健康経営」で重要性が増すモチベーション管理・メンタリティマネジメント

    従業員のメンタルヘルスやモチベーションを管理する「メンタリティマネジメント」に注目が集まっている。従来の対症療法的・受動的なメンタルヘルス対策ではなく、積極的に従業員のストレスをコントロールしていく点がポイントだ。 「働き方改革」や「健康経営」が謳われるようになって以降、特にその傾向は強まっており、企業における従業員のメンタルヘルスケア・モチベーション対策は急務である。

  • 労働基準法改正(予定)について

    昨今、働き方改革の気運がある中、労働基準法の大幅な改正が検討されている。厚生労働省では「長時間労働を抑制するとともに、労働者が、その健康を確保しつつ、創造的な能力を発揮しながら効率的に働くことができる環境を整備するため、労働時間制度の見直しを行う等所要の改正を行う」と、特に労働時間がクローズアップされている。 下記、主な改正予定内容を紹介したい。

  • 「長時間労働で高収入」より「ワーク・ライフ・バランス」 〜『連合』調べ、理想とする社会イメージに関する意識調査

    就業形態が多様化する現代社会において、人々はどのような働き方を望んでいるのだろうか。日本労働組合総連合会(略称:連合)が、働く人が持つ生活意識や社会の理想像を把握するため「日本の社会と労働組合に関する調査」を実施した。調査はインターネット上で行われ、全国の15〜64歳の勤労者(自営業・フリーランス、役員・経営者を除く)1,036名の有効サンプルを集計した。今回の調査結果から、働く人が抱く生活意識や社会の理想像を垣間見ることができる。

  • 「東急電鉄(連結)ダイバーシティマネジメント宣言」を制定。多様性を生かした付加価値創造を目指す

    東急電鉄は9月12日、従業員の多様性を生かす組織づくりの推進による企業の競争力強化を目指し「東急電鉄(連結)ダイバーシティマネジメント宣言」を制定した。 同社は、この宣言により、ダイバーシティマネジメントの推進を持続的な成長のための経営戦略の一環と位置付け、全従業員に浸透させることで、違いを生かした新しい価値を生み出せる企業体を目指すとしている。

  • 65歳以上シニアの再就職はハードル高く。働く場所はないと感じるシニアも

    エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」は、65歳以上の男女2,000人を対象に「シニアの労働観・労働実態」に関する調査を実施した。同社が以前行った調査では、働く意欲があって働けているシニアは現在の生活の満足度は平均76.0点だったのに対し、働きたいが定期的に働けていないシニアの満足度は平均65.9点であった。これを受けて、今回は働きたいシニアがなぜ定期的な仕事に就けていないのか、その理由についてどう考えているのかについて調査した。(アンケート対象:「とても働きたい」「ある程度は働きたい」と考えているが「不定期に働いている」か「働いていない」と答えた65歳以上の男性131人、女性69人)

  • 従業員モチベーションアップのコツ、ボーナスよりも効果的なのは

    企業の中には、営業の仕事をしている部署にノルマを課しているところも多い。 そしてそのノルマをクリアすると賞与が多く支給され、逆にクリアできないと賞与がなくなる、または降格などのペナルティが課されるといったケースもよく耳にする。 一見シビアで、やればやるほど賞与が上がり業種によっては良い制度のように思われがちだが、このような制度を導入している企業の中には、うまくいっていないところも多い。場合によっては半期の賞与が数百万と支給されるにもかかわらず、人はどんどん辞めていく。 どうしてそのようなことが起きるのだろうか。