社保未加入なら建設業許可を取り上げ〜建設業における若年技能者の処遇改善策

採用難・人材不足問題に端を発し、建設業における若年技能者の処遇改善が求められている。一般社団法人 日本建設業連合会が2015年3月20日に公表した「再生と進化に向けて―建設業の長期ビジョン―」によれば「間もなく団塊世代はいなくなり、100万人規模の大量離職時代がやって来る。早急に女性を含めた多くの若者を建設業に招き入れ、世代交代を実現しなければ、10年を経ずして建設業の生産体制が破綻しかねない危機的な状態に至っている」と指摘している。

著者プロフィール

HRプロ編集部

採用、教育・研修、労務、人事戦略などにおける人事トレンドを発信中。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届けします。