レバレジーズ株式会社(以下、レバレジーズ)は2022年3月22日、入社1年目の社員を対象に実施した「入社後の状況に関する調査」の結果を発表した。調査期間は2022年2月1日〜4日で、4年制大学を卒業し、2021年4月に入社した社員(調査時に社会人1年目の社員)300名から回答を得ている。これにより、入社1年未満の新入社員の就労状況や転職意向の有無などが明らかとなった。
2021年入社の新入社員のおよそ半数が「退職の検討経験あり」と回答。仕事内容に関するギャップが要因か

新入社員のうち約1割がすでに退職していることが判明

新入社員の早期離職を課題としている企業もある中、調査を実施した2022年2月時点で、2021年4月入社の新入社員の就労状況や転職意向の有無はどのようになっているのだろうか。

はじめにレバレジーズが、「新卒で入社した会社で現在も働いているか」を尋ねたところ、「現在も働いている」が90.7%、「すでに退職している」が9.3%だった。2021年入社の新入社員のうち、約9割が勤続中であるものの、約1割はすでに退職していることが明らかとなった。
新卒で入社した会社で現在も働いているか

約半数が「退職を考えたことがある」と回答。入社後4〜6ヵ月後での検討が最多に

次に、同社が「現在も新卒入社した企業で働いている」とした社員に対し、「退職を考えたことはあるか」を尋ねると、「ない」が50.4%、「ある」が49.6%となった。
入社後、退職を考えたことがあるか
また、「退職を考えた時期」については、「入社4〜6ヵ月後」が35.6%で最も多かった。以下、「7〜9ヵ月後」が27.4%、「1〜3ヵ月後」が22.2%などと続いた。

一方で、「1ヵ月未満」が8.9%、「10〜11ヵ月後」が5.2%となり、“入社間もない時期”と、“入社後1年近く経過した時期”では、退職を考えている人の割合は低くなる傾向がうかがえる。
退職を考えた時期

企業に対する「満足/不満な点」として共に「仕事内容」に回答が多く集まる

次に同社が、「新卒入社した企業で現在も働いている」とした社員に対し「企業への満足度」を尋ねたところ、「とても満足」が18.4%、「やや満足」が38.2%で、合計56.6%がおおむね満足していることがわかった。また、満足している点としては、「仕事内容」や「社内の人間関係」という回答が多かった。

一方で、「とても不満」が5.1%、「やや不満」が13.6%で、合計18.7%が何らかの不満を感じていることが明らかとなった。不満な点や退職を考えた理由についても「仕事内容」が多くあがったことから、同社は「仕事内容が想定していたものと異なっていた場合に、退職のきっかけとなりうることが多く、期待通りもしくは期待以上の仕事内容であれば、企業への満足度が高まる」と推測している。
新卒で入社した企業の満足度

現在も働き続けているものの「いつかは転職したい」という社員が半数以上に

最後に、同社が「新卒で入社した企業で現在も働いている」とした社員に対し、「現在の会社で働き続けたいか」を質問している。すると、「いつかは転職したい」が53.3%と半数を超えた。以下、「ずっと働き続けたい」が25.4%、「わからない」が12.1%、「すぐにでも辞めたい」が9.2%と続いた。

また、「退職を考えたものの、現在の企業で働き続ける理由」では、「現在も仕事を覚えている最中だから」や「就業期間が1年未満だと転職活動が不利だと思うから」といった声があがった。同社は、「転職意向を持ちつつも、まだタイミングではないと考え、現在も働き続けている人もいるのではないか」と推察している。
現在の会社で働き続けたいか
本調査より、2021年卒の新入社員のうち約9割が、2022年2月の調査時点で「働き続けている」としたものの、そのうち約半数は退職を検討したことがあると判明した。退職を考える理由として「仕事内容」をあげる人もいることから、入社前と入社後でギャップが生まれないよう、採用活動中の説明や入社後のフォローについて検討していきたい。