新型コロナウイルス感染症の影響を危惧。経済産業省が就職・採用活動及び内定者への対応について関係団体へ配慮を要請

経済産業省は3月13日、内閣官房、厚生労働省、文部科学省との連名で「2020年度卒業・修了予定者などの就職・採用活動」と「2019年度卒業・修了予定などの内定者」への特段の配慮を行なうよう、関係団体に要請した。新型コロナウイルス感染症への様々な措置が採用活動へ影響することを危惧しての対応策だという。

経済産業省が、「内定者」及び「就職活動中の学生」への配慮を企業に要請

新型コロナウイルス感染症対策として、政府がイベント自粛を呼びかけていることもあり、企業は学生が大勢集まる会社説明会などの中止・延期・規模縮小などの対応を行っている。一方、2019年度に卒業や修了予定などで既に企業から内定を受けている学生は、「内定先の企業への入社が可能か」を懸念しているものと思われる。経済産業省は、内定者や就職活動中の学生の不安を解消するため、就職・採用活動や新卒内定者の取扱いについて特段の配慮を払うよう、関係団体に今回の要請を行った。

就職・採用活動や内定者への影響を最小限にするための要請内容とは

経済産業省の今回の要請は、「2020年度卒業・修了者の就職・採用活動」への対応と「2019年度卒業卒用・修了予定の内定者」への対応と大きくふたつに分かれている。

「2020年度卒業・修了者の就職・採用活動」への対応については以下の通りだ。

●「企業説明会」に関しては、感染拡大や会場の状況などを踏まえ、開催の必要性を再検討すること

●企業説明会を「開催する」場合、出席者や関係者のマスクの着用や消毒薬の設置など、感染症対策を十分に行うと共に、「企業説明会への出席の有無がその後の選考に影響しない」旨を積極的に広報すること

●企業説明会を「中止・延期する」場合、可能な限り速やかにその旨を広報すると共に、インターネットを始めとする通信機器を使用した「代替的な」企業説明会を積極的に開催すること

●「エントリーシート」の提出期限の延長を検討すると共に、延長対応をする場合には積極的な情報発信を行なうこと

●「採用・選考活動」は学生側が企業を理解する時間を十分に設け、令和2年6月1日以降に開始を遵守すること

●採用選考日程の後ろ倒しや秋採用、通年採用の実施など、「採用日程」や「募集機会」を柔軟に変更し、その旨を広報すること

●インターネットといった通信手段を活用した面接、試験を実施すると共に、積極的にその旨を情報発信すること

一方、「2019年度卒業卒用・修了予定の内定者」への対応については以下の通りとなっている。

●「内定取り消し」を「防止する」ために、あらゆる措置を講じること

●やむを得ない事情で「内定取り消し」または「採用時期を延期」する場合、就職先の確保に最大限努力を行なうと共に、内定者側からの補償などの請求に真摯に対応すること

新型コロナウイルスの感染拡大は日本の経済活動にも影響を見せ始めている。そうした状況だからこそ、就職活動中の学生や内定者への誠実な対応が、企業には今後ますます求められるだろう。

著者プロフィール

HRプロ編集部

採用、教育・研修、労務、人事戦略などにおける人事トレンドを発信中。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届けします。

『月刊 人事マネジメント』のご案内