新型コロナウイルスの感染防止策で、GMOが全国の採用選考をオンライン実施へ

GMOインターネット株式会社は、2020年2月25日より、2021年卒の新卒者採用および中途採用の選考会を、対面不要なオンライン上で実施することを発表した。世界的に感染が広がる新型コロナウイルスの感染防止を目的としたもので、応募者が安心して採用選考に臨めるよう健康面で配慮すると同時に、採用機会の損失を防ぐとしている。

新型コロナウイルス感染拡大が要因で企業の採用選考に変化

国をあげて、企業や組織に対し大規模なイベント開催に対する必要性検討や、新型コロナウイルス感染予防対策の実施が要請される中、感染拡大予防に向けた行動は個人に対しても呼びかけられている。これを受け、GMOインターネットでは、従業員を感染リスクから守る目的で、勤務地が渋谷・大阪・福岡の従業員4,000名を対象に、2020年1月27日より在宅勤務体制を導入。3月現在では、やむを得ず出社が必要な場合のみ、時差出勤や消毒などの感染予防対策をした場合に限り出社を認めているが、原則的には在宅勤務を継続している。

このような状況を踏まえ、同社は新卒・中途の採用応募者に対して、オンライン選考会の実施を決定した。これにより、応募者は混雑する交通機関や大勢が一堂に会する場を避けて選考に参加でき、交通費や宿泊費の負担も軽くとなる。また、同社にとっては採用の機会損失を回避できるといった、双方にメリットがあるものと考えているようだ。

今回、新卒採用選考では、2019年度より導入している24時間視聴可能な「オンライン説明会」に加え、新たに同社の従業員に自宅から質疑応答が行なえる「Live説明会」も取り入れる。この他、選考過程における面接も一部の機会を除いてオンラインで行なう方針だ。

また、中途採用選考の場合は、従来対面式で実施していた1次面接からオンラインでの選考を実施。最終面接のみ、会社への理解を深めるために対面にて行なうとしている。

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、今後も適切な状況把握のもと、企業と応募者の双方にとって最適な選考方法の検討が必要になるだろう。

著者プロフィール

HRプロ編集部

採用、教育・研修、労務、人事戦略などにおける人事トレンドを発信中。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届けします。