解決できる課題

自社の組織の特徴を診断したい

心理的資本を構成する4つの要素(Hope、Efficacy、Resilience、Optimism)を把握することで、現場のマネジメント力向上に役立てることできます。

社員全体の能力・スキルを的確に把握したい

近年、先進諸国で注目されている業績につながる行動を促す前向きな心理状態である心理的資本を測定できます。

社員の適性配置が出来るデータを把握したい

社員の伸びしろを経験と勘によって捉えるのではなく、心理的資本という客観的な指標も参考材料とすることができます。

サービス内容

心理的資本診断ツール -HEROIC-

独自アンケートにより、従業員・組織の「心理的資本」の状態を可視化。結果に基づいたフィードバックコメント、心理的資本を高める行動習慣の自動レコメンド、属性などの詳細分析で、心理的資本の開発を支援します。

※質問票は、大阪大学大学院経済学研究科教授 開本浩矢氏の監修により、当社が独自に開発

▼心理的資本が注目される背景
時代の変化に伴い企業を取り巻く環境は不確実・不透明かつ複雑になっています。
生産性の向上が求められ、上場企業における「人的資本の開示義務化」が日本においても検討されています。

心理的資本は、中長期で保持され計測および開発が可能な心理的変数です。
「well-being」、「エンゲージメント」など、従業員のメンタリティの向上支援を行う経営が注目されていますが、これらの概念にもポジティブな効果をもたらします。
心理的資本の変化は業績とも関連があることから、人材や組織のポテンシャルを示す指標としての活用が可能です。

▼HEROIC(β版)提供について
価格:無料 (2022年4月1日〜2023年3月末まで)
1年経過後の価格については、現在未定です。
有償とする際には事前に当社から通知します。
※HEROICの利用・実施は、ご利用企業様の従業員のみを対象とさせていただきます。

事例紹介・ユーザーの声

活用シーン・目的

心理的資本の状態は業績とも相関があるとされており、
人材や組織のポテンシャルを示す指標としての活用が可能です。

・複数部門での比較
・研修の効果測定
・次世代リーダー育成
・マネジメント力向上支援
・キャリア自律支援

資料請求1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社Be&Do
住所 〒530-0047
大阪市北区西天満2-8-1 大江ビル305
代表者 代表取締役 石見一女
資本金 4,800万円
売上高 -
従業員数 9名