今こそ投資すべき研修の内製化の真実に迫る第3回 社内ノウハウを研修プログラムへ変換する2つの極意 | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 第3回HRテクノロジー大賞<締切2018.6.14>
今こそ投資すべき研修の内製化の真実に迫る

第3回 社内ノウハウを研修プログラムへ変換する2つの極意

講師ビジョン株式会社 代表取締役 島村 公俊
2016/04/08

研修の内製化を始めるときに、最初につまずくのが研修プログラムの開発です。社内に眠る貴重なノウハウを見える化し、相互に学び合うことはとても大切だとわかっていても、いざ研修プログラムを一から開発するとなると面倒に感じてしまい、外部の先生にお願いした方がいいのでは・・・と考える担当者の方も多いのではないでしょうか。

研修デザインの基本を学ぶことは確かに大切ですが、今回は、社内研修をもっと気軽に開発する新しい視点をお伝えしていきます。

競争優位を創るための社内プログラム

  研修の内製化を進める上で困るのが、研修コンテンツの開発ではないでしょうか。外部研修を社内でライセンスフィーを払いながら実施することも可能ですが、社内で実施する以上、自社らしいコンテンツを実施したいところです。

 しかし、実際に研修コンテンツを一から開発するとなると、なかなか大変なのも事実です。実際に作ったことがない、開発するための基本的な考え方を知らないなど、いろいろ理由がでてきます。ですが、自前で研修をどんどん開発できるようになると、社内の英知をより広く還流させることができ、担当者の皆様がイニシアチブをとりながら、社内に学ぶ場をどんどん増やすことができるようになる、という効果が生まれます。

 現代の世の中では、著名なコンテンツやさまざまなオープンソースのコンテンツは、WEBを通じて大概学べる環境が揃っています。同じような内容やテーマの研修を、高いお金を払って用意することは果たして適切なのでしょうか?

 今、揃えるべきコンテンツは、社内ノウハウそのものなのです。そのノウハウは価値があるにも関わらず、世の中どころか社内にも広まっていないのです。だからこそ、学ぶべき価値があるのです。みなさんのいる部門は他部門のノウハウをどれだけ知っていますか?そして、みなさんは、他部門の社員個人がもっている経験やノウハウをどれだけ知っているでしょうか。

 一度、冷静に社内をよく観察してみると、さまざまなノウハウがあることに気がつきます。社内にある新規事業の立ち上げプロジェクトの秘話、クレーム対応の対応方法など、各部門にあるノウハウ、社員が持っているノウハウをコンテンツ化するのです。外に目を向けつつ、目の前にある社内から学ぶことが競争力をつける源泉になるのです。

社内研修をより活性化させ学習効果を上げるには

  まずは、社内で実施されている研修をくまなく洗い出してみることが必要です。人事部門主催の研修だけでなく、各部門単位で行われている研修、勉強会も含めてリサーチします。研修や勉強会は社内だけではありません。当たり前ですが、社外でも実施する場合があります。例えば、営業担当がお客様先で研修会、勉強会を行っています。このように、まずはすでに行われている研修を、より学びやすい設計に変えていくことから始めてはいかがでしょうか。講義形式が多い研修から、参画型の研修へカスタマイズするだけでより学びが深まる研修になります。 一度外部で研修プログラムの開発の基本を簡単に学べば、少しずつ自身で改善のポイントがわかるようになってきます。

初めて研修を社内で作る時の逆転の発想法

  社内で研修を開発しようと思ってもなかなか手につかない理由の代表的なところとして、担当者が異動してしまい、社内に研修開発のノウハウが残らない、研修デザインが学術的過ぎていまいちピンとこない、などの理由が挙げられます。

 社内の担当者は外部のプロとは異なりますので、当初はなかなかリッチなコンテンツを作れないのは仕方ありません。当面は、リッチなコンテンツは今まで通り外部にお願いしてよいと思います。一方、同時に社内研修も進めていくことができる方法があります。社内でやるときの方法は、もっとカジュアルなプログラムにしてしまうという方法です。もっとラフな学習の場でいいのです。事を確実に前に進めることが何より大切だからです。

 一つ目の極意は、論点とディスカッションを組み合わせた研修プログラムにするという方法です。細かな設定やケーススタディなどを「一から開発する」という発想から一度離れましょう。

 例えば若手社員の報連相に課題があり、先輩社員や上司が困っている現状が全社的にあったとします。ディスカッションの論点は、社内で困っている課題そのものになりますので、例えば、「報連相を怠ることによる上司への具体的な影響とは何か」「上司に報連相談をしないことによるあなたが失うものは何か」とか、「報連相する恐怖が湧いてしまうのはなぜなのか?それを乗り越えるためには具体的な解決策は何か?」などです。

 このように論点を決めるのはそんなに難しいことではありません。論点とは、育成する立場にある人ならだれでも考えなければならないことそのものだからです。なるべく具体的に設定してください。そして、その論点についてディスカッションさせ、会社としての考え方に着地させればいいのです。

 極端ではありますが、このような論点の設定→ディスカッション→解説でまずはいいのです。会社で話し合いたいものがあればそれを論点にして、どんどんディスカッションさせながら学ぶ場を増やしていきましょう。まずはこのレベルから確実にスタートさせることが大切です。

いままでの「研修時間」という概念を一度捨てる

  もう一つの極意は、社内で実施するためには、研修サイズを極限まで小さくすることです。1日研修を作ろうとするから難しいのです。社内だからこそ、1時間の研修だってできるわけです。私がソフトバンク在籍時は、1時間の英会話レッスンのコンテンツを社内で作りましたし、2時間程度のエクセルやパワーポイントの研修も多数開発しました。1時間〜2時間の研修であれば、だいぶ作りやすくなるのではないでしょうか。それでも研修開発のデザインが気になる場合は簡単な研修デザインの基礎研修を受講し、自分なりに工夫してアレンジしていけばよいと思います。


 以上、いろいろ見てまいりましたが、社内で研修を開発するための秘訣は、このほかにもいくつもあります。ぜひ、社内で培ってきたノウハウを再生させ、学び、育て合う場をともに増やしていきませんか?
社内ノウハウをコンテンツ化したり、より深い学びにしていきたいなど、何か弊社で支援できることがありましたらぜひ遠慮なくご相談くださいませ。以上が、社内ノウハウを研修プログラムに変換する極意となります。
本コラムに関する質問・お問い合わせ、研修内製化や教育支援に関するご相談については
下記よりお問い合わせください。

  • 1

プロフィール

講師ビジョン株式会社 代表取締役 島村 公俊

人事コンサルティング会社を経て、ソフトバンク株式会社入社。東京国際フォーラムにて社長孫正義による講演会の前座を務め、全国の約2千人の営業パーソン向けセミナーを実施し、ボーダフォン買収時の現場教育に貢献。また、店長向けマネジメント研修の導入により全国スタッフ退職率の軽減に貢献し、ソフトバンクアワード受賞。

2009年人材開発部へ異動し、ソフトバンクユニバーシティの設立に貢献。100名を超える社内講師を育成した。2014年日本HRチャレンジ大賞人材育成部門優秀賞を受賞。2015年退職し、2016年に講師ビジョン株式会社を設立。育成環境の強化を目的にした研修の内製化の支援ならびに育成担当者であるOJTリーダー育成研修を中心にサービスを提供している。
講師ビジョン株式会社

関連リンク

  • 94歳現役人事コンサルタント、梅島みよが行く

    第7回 一人コンサルタント開業

    女性は、もし自分が積極的に関わりたいテーマがあったら、勇気を持って起業すること。例えば、教育コンサルタントの仕事は、電話と名刺があれば一人でも直ぐ始められます。個人で独立しても良いし、何人か信頼出来る人達と連携して開業すれば安心でしょう。女性には男性とは違った女性ならではの感性があり、一人ベンチャーでも小人数の会社設立でも、やっていけるテーマが多いです。ぜひ勇気を持って前進してください。

  • 海外進出企業の「人と組織の活性化」〜インドネシアに架ける熱き想い〜

    第3話:異文化理解のために押さえるべきポイントとは

    インドネシアで現地ローカルスタッフの人たちと仕事をすると、すべてが日本で仕事をしていたようにはいかない。言語や文化に違いがあるので当然だ。仕事柄さまざまな方々と話をする中で気づいたのだが、この違いに「ストレスを感じにくい人」と「ストレスを感じやすい人」がいる。これは「適応力」の差だ。もちろん前者のほうが海外で仕事をする上では良いわけだが、時々、後者にも出会う。感覚的には2割くらいしかいないが、この方々は常にイライラしていたり、何かを諦めたりしており、とても「疲弊」している。

  • 特別読み切り

    働き方の未来

    新入社員を迎える季節となった。初々しい社員たちにとって失望の春となるか、期待の春となるかは分からないが、ここに、日本の2035年の世界を描く報告書がある。2016年8月に厚生労働省が出した報告書だ。『働き方の未来 2035:一人ひとりが輝くために』と題し、同年1月から7月まで開催された懇談会の内容が書かれているものだ。
    発表された時は、衝撃的な未来予測として注目されたので、読まれた方も多いであろう。それから今日までの1年半ほどの間にも、人生100年時代が叫ばれるようになったり、AI等の科学技術が急速な発達を見せたりと、ここに描かれているのはさほど遠い未来の話ではないと感じられる。果たしてそこにはあるのは不安なのか、はたまたチャンスなのか。私たちは何をしたらよいのか。その後出版された衝撃的で示唆に富む書物から、未来を読み解くヒントを学ぶ。

  • 大学の就職支援室からみた新卒採用

    第66回 優秀な人材とは??

    今、採用活動は選考シーズン真っ盛りですよね。早い学生はすでに就活を終えていたりもするのですが、そんな中、今回は「優秀な人材とは?」というテーマでお話を進めていきたいと思います。

  • 人材育成コラム-プロが教えるコツとポイント-

    自己成長する新入社員を育てるための内定者フォロー・内定者教育の在り方

    新入社員教育、内定者教育、内定者フォローの在り方は時代の変化に合わせて常に変革する必要があります。今回は自己成長できる人材を育てるために非常に大切な、内定時代から入社3年間のゴールデンエイジの教育の在り方についてご紹介します。

  • 94歳現役人事コンサルタント、梅島みよが行く

    第6回 転職、転勤、転居で多様な職場経験がキャリアを育てる

    米軍勤務7年目、夫が、山口県の日立製作所・車両工場へ転勤を命じられました。となると、私も米軍を辞め、家族全員で転居しなければなりません。私は米軍勤務を辞めたくなかったし、住み慣れた土地を離れるのも「嫌」でした。そこで、後先を考えず、父の知人で三菱重工勤務の人を尋ねると、愚痴混じりに「夫を三菱重工に入れてくれ」と頼みました。まさに軽はずみな行動でしたが、「ちゃんとご主人に従い、日立の車両工場に行きなさい」と言下に叱られ、やむなく家族全員で転居することとなりました。