歴史を動かす行動理論第28回 大山巌(おおやま いわお) | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 第7回チャレンジ大賞 応募受付開始!
歴史を動かす行動理論

第28回 大山巌(おおやま いわお)

株式会社ジェック 専務取締役 越膳哲哉
2018/02/07

西洋文化への憧憬と造詣が深かった。西洋かぶれと呼ばれた彼は「日本人最初のルイ・ヴィトンの顧客」であった。ヴィトンの顧客名簿に自筆のサインが残っているそうである。
同郷の東郷平八郎と並んで「陸の大山、海の東郷」といわれ、マッカーサーに英雄と心酔させた大山巌である。

大山の苦悩

大山は、維新後の1869年渡欧し、1870年から1873年の3年間、ジュネーヴに留学した。その彼のもとに驚くべき手紙が届く。
「西郷隆盛が鹿児島に帰参する。それにあわせて多くの薩摩藩士が同調し帰郷した」というのである。
明治政府にとっては吉井友実自らが大山の下を訪ね、解決のための帰国を嘆願させるほどの一大事であった。
帰国した彼を待っていた事態は、彼の予測以上に深刻なものであった。
1874年、西郷を政府に復帰させるという、当時の状況からするとほぼ解決不可能とも思える責任を背負って彼は薩摩に戻る。大山の必死の説得も西郷の決断を変えることは叶わず、ならばと大山は「自らが西郷と行動を同じくし運命を共にする」ことを申し出るのである。
しかしそれすらも叶わなかった。「お前は日本に役立つべき人材である。俺の役に立つ必要はない」と西郷に怒鳴りつけられ大山は黙して去ることになる。
大山には西郷の想いがわかっていた。「新しい日本を創るには新政府を守るしかない。しかし不平武士たちの存在はその根底を揺るがしかねない。生まれたばかりの政府を守るには、自分が彼らと運命を共にするしかない」というものである。
大山はその想いがわかるがゆえに、西郷のもとを去った。去るしかなかった。
そしてついに最悪の事態が起こる。西南戦争である。大山は鎮圧のために再び薩摩に向かうこととなる。半年以上にわたる激戦の末、籠城した西郷への砲撃命令が大山に下る。翌日早朝西郷は自刃。

信の雄、大山の行動理論

大山巌、1842年薩摩に生まれ、のちの陸軍軍人、政治家となる。西郷隆盛の従兄弟にあたる人物であった。

大山は、「信頼し任せ、責任は取る」ことで、配下の人間からの信が厚く、その統率力は群を抜いていた。また彼の胆力は際立っていたという。

騎兵第一旅団がロシア軍に包囲され、司令部が指揮混乱状態となった時、大山はとっさの機転で寝巻に着替え「さっきから大砲の音がしちょりますが今日は戦でもやってござるか?」と一同の気を抜く行動を選択する。これにより司令部は緊張感から解放され、状況把握が的確になり、指揮系統の機能が復活する。大山の胆力ゆえになしえた芸当であろう。

大山は6歳のころから薩摩藩の育成制度である郷(ご)中(じゅう)に入り、15歳年上である西郷隆盛から読み書きを教わった。
郷中での教えは「武士道の本義を実践せよ」「何事もよく相談の上処理すること」「無作法を避けよ」「嘘を言うな」「万事に質実剛健、忠孝の道に背かないこと」「弱いものいじめをするな」などがある。それらを学ぶ中で、薩摩武士の神髄である「卑怯を嫌い何事にも死を覚悟して臨む潔さと仲間を信じる精神」を大山は信念化していく。
彼の中にある「人とは本来弱い者である、と同時に信に応える者でもある(観)。ゆえに一度信じたならば信じぬくことで(因)、それに応える動きを取るようになる(果)。信を信じよ(心得モデル)」という行動理論が彼の言動を創り、周囲からの信頼を創り上げていく。

プロフィール

株式会社ジェック 専務取締役 越膳哲哉

メーカー・医療業界を中心に、営業・製造・開発・技術部門へのお取り組み実績多数。「お客様企業の経営変革」をテーマに、「論理性」「分析力」「判断力」「人間力」で、深い気づきのコースを展開するとの評価が高い。慶應義塾大学では、ヒューマンリレーションズをメインテーマとして、組織内コミュニケーションスキル・人間関係構築スキル向上に焦点を当てた講義を担当。

企業情報はこちら
提供サービスはこちら
セミナー情報はこちら

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 海外進出企業の「人と組織の活性化」〜インドネシアに架ける熱き想い〜

    ASEANの盟主インドネシアという国

    本コラムは、筆者が2014年から2年間インドネシアを生活拠点とし、2016年からは日本と同国を毎月行き来している経験から、現地に展開する日系企業の「人と組織の活性化」を考察する。文化や生活環境が異なるインドネシアで日本人がいかに強い組織を作っていくのかを、著者の実体験や現地で活躍されている専門家や経営者のインタビュー、アンケート分析などを通じて紐解いていく。第1回はインドネシアという国の概要をお伝えする。

  • 大学の就職支援室からみた新卒採用

    第64回 留学生の就職支援

    金沢大学でも文部科学省の採択を受けて、留学生の就職支援に本格的に取り組むことになり、現在試行錯誤中です。これまでももちろん、現場レベルの取り組みはあり、各企業様から採用していただいた実績もあるのですが、今後より大規模に、多くの人数の実績を上げるために、何に取り組めばよいか?さまざまな情報を集めています。これまでの本学の採用実績や、企業のヒアリングを行っていく中で、一般的に留学生を募集する会社は、おおよそ4つの類型に分類されるかなあ、というところまで見えてきたので、以下にご紹介します。

  • たくましい新人育成を目指せ

    第73回 会社の仲間と仲良くやっていくためには、多少いやな付き合いも我慢して付き合う必要がある

    お客様から聞く新入社員の言動で、問題のある傾向の一つとして、次のようなものがあります。 ・歓迎会に、プライベートを理由に参加しない新人がいる ・研修所内では、すれ違い時に挨拶をするが、朝、同じバスに乗ってきても完全に無視する ・他の社員と昼食に行くとか、飲み会にいくとかしない

  • 特別読み切り

    評価をパワーに変える

    働き方改革が進む中、人事評価制度に注目が集まっている。厚労省の“人事評価改善等助成金”も、このような動きを後押ししていると言える。 とはいえ、社長の評価がそのまま会社からの評価という会社や、明快な人事評価制度がなくとも、気持ちよくかつワークしているという会社など、様々であろう。筆者は、人事評価制度は、人を育て、会社の利益が上がる仕組みと捉えている。しかし果たして、この人事評価、実態はどうなのか。

  • 大学の就職支援室からみた新卒採用

    第63回 リモートワーク

    先日のNHKニュースで福井県の鯖江市のリモートワークの取り組みが紹介されていました。都心に本社がある企業が鯖江市に事務所を借りて事務職を採用し、本社とネットでつないで仕事をするといったスキームです。鯖江市は今こうした取り組みに力を入れ、市内の空き家をリフォームしてワーキングスペースに改装するための支援もしているとのこと。番組では、現在リノベーション中の、託児施設が併設された20名ほどが働けるオフィスづくりの様子を追っていました。

  • 働き方改革 実現への切り札とは? 〜インセンティブ制度がもたらす企業と社員のWin-Winの関係〜

    第2回 かつての成果主義は何故絶滅したか?

    日本企業には、年功序列型人事評価が深く根付いており、個人の業績をあまり重んじる文化にない。これは戦後の高度成長期を支えた昭和一桁の世代や、バブルの中核を担った 団塊世代の方々が深い愛社精神をもって会社を引っ張って来たからに他ならない。これらの世代の方々がリタイヤを迎え、新人類と呼ばれる世代が中核をなす会社の雰囲気は、かなり様変わりしている。一昔前ならば皆が楽しみにしていた社員旅行は、「海外は行きたくない」、「できるだけ短めに」、「旅行に行くくらいなら現金で欲しい」などと言い出す若手社員が多くを占める。