採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント第82回 内定充足率の差は○○の差2018年新卒採用と2019年新卒採用に関する動向調査結果 | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 アフターレポート&講演レジュメ公開中!
採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

第82回 内定充足率の差は○○の差 2018年新卒採用と2019年新卒採用に関する動向調査結果

ProFuture代表 HR総研所長 寺澤 康介
2018/01/26

ProFuture代表の寺澤です。

2017年を振り返ると、深刻な人材不足、働き方改革の推進、労働生産性の向上など、人事へ求められるものが、より多様化・高度化してきました。今年もこの傾向はさらに強まり、採用、育成、評価、管理、タレントマネジメント、ダイバーシティ、働き方改革、同一労働同一賃金、長時間労働是正など、ありとあらゆる領域においてさらなる変化が進行するでしょう。政府は人材政策の強力な推進を宣言しており、社会の注目度が極めて高くなっています。

また、技術革新が進み、新たなソリューションも次々と生まれてきています。こうした変化スピードに対応するには、企業単体で解決していくには難しく、積極的な外部との連携が必要不可欠になってきています。それは企業間の連携もあれば、産官学といった連携もあるでしょう。今後人事の世界でも、閉じた施策にとどまらないコラボレーション、オープン・イノベーションの発想が極めて重要になってきます。

新卒採用においても例外ではありません。これまでの常識にとらわれない、新しい発想が求められています。昨年は、ソフトバンクがAIを活用することでエントリーシートの合否判定にかかる時間を大幅に削減したことが報じられましたが、今年はどんな新しい取り組みが出てくるのか楽しみです。

本欄では、今年も新卒採用における変化を皆さまにいち早くお伝えしていければと思います。本年も何とぞよろしくお願いいたします。

3割近くの企業が2018年卒採用を継続

HR総研では、昨年12月18〜21日に「2018年新卒採用と2019年新卒採用に関する動向調査」を実施しましたので、今回はその結果をお知らせしたいと思います。まずは、2018年新卒採用の現状を見てみましょう。

「超売り手市場」「内定辞退の増加」など、採用する企業に不利なワードばかりが目につく2018年新卒採用ですが、12月下旬の段階で、採用活動を継続している企業はどのくらいでしょうか。全体では28%の企業がまだ採用活動を継続中と回答しています[図表1]
企業規模別で見てみると、大企業(1001名以上)22%、中堅企業(301〜1000名)33%、中小企業(300名以下)27%と、中堅企業で採用活動を継続している企業が最も多くなっています。メーカーと非メーカーで比べてみると、メーカーが31%、非メーカーが25%とメーカーのほうが採用活動を継続している企業が多くなっています。中でもメーカーの中小企業は44%と非常に高くなっています。

プロフィール

ProFuture代表 HR総研所長 寺澤 康介

1986年慶應義塾大学文学部卒業。就職情報会社に入社後、企画制作部長などを経て、2001年文化放送キャリアパートナーズを共同設立。常務取締役などを経て、2007年採用プロドットコム(現社名=HRプロ)を設立、代表取締役社長に就任、現在に至る。約25年間、大企業から中堅・中小企業まで幅広く採用、人事関連のコンサルティングを行ってきた。現在はHRプロ代表とともにHR総合調査研究所所長を兼任し、人事領域全般を対象にした調査、研究を実施している。
HRプロは人事担当者のポータルサイトとして約8千社、1万4千人の会員(2012年3月現在)を持ち、採用、人材育成、人事労務など、人事関連の最新情報を提供している。

<執筆、出演、記事掲載メディア等>
「週刊東洋経済」「東洋経済オンライン」「日経ビジネス」「日経アソシエ」「労政時報」「企業と人材」「人材教育」「人事マネジメント」「企業実務」「NHK(テレビ、ラジオ)」「朝日新聞」「読売新聞」 「日本経済新聞」「産経新聞」「文春」「アエラ」「サンデー毎日」など

※『採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント』は、WEB労政時報に寄稿した原稿を約2週間遅れで転載しておりますので、内容的に時差が生じる場合があります。ご了承ください。
WEB労政時報体験版はこちら

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 海外進出企業の「人と組織の活性化」〜インドネシアに架ける熱き想い〜

    ASEANの盟主インドネシアという国

    本コラムは、筆者が2014年から2年間インドネシアを生活拠点とし、2016年からは日本と同国を毎月行き来している経験から、現地に展開する日系企業の「人と組織の活性化」を考察する。文化や生活環境が異なるインドネシアで日本人がいかに強い組織を作っていくのかを、著者の実体験や現地で活躍されている専門家や経営者のインタビュー、アンケート分析などを通じて紐解いていく。第1回はインドネシアという国の概要をお伝えする。

  • 大学の就職支援室からみた新卒採用

    第64回 留学生の就職支援

    金沢大学でも文部科学省の採択を受けて、留学生の就職支援に本格的に取り組むことになり、現在試行錯誤中です。これまでももちろん、現場レベルの取り組みはあり、各企業様から採用していただいた実績もあるのですが、今後より大規模に、多くの人数の実績を上げるために、何に取り組めばよいか?さまざまな情報を集めています。これまでの本学の採用実績や、企業のヒアリングを行っていく中で、一般的に留学生を募集する会社は、おおよそ4つの類型に分類されるかなあ、というところまで見えてきたので、以下にご紹介します。

  • たくましい新人育成を目指せ

    第73回 会社の仲間と仲良くやっていくためには、多少いやな付き合いも我慢して付き合う必要がある

    お客様から聞く新入社員の言動で、問題のある傾向の一つとして、次のようなものがあります。 ・歓迎会に、プライベートを理由に参加しない新人がいる ・研修所内では、すれ違い時に挨拶をするが、朝、同じバスに乗ってきても完全に無視する ・他の社員と昼食に行くとか、飲み会にいくとかしない

  • 特別読み切り

    評価をパワーに変える

    働き方改革が進む中、人事評価制度に注目が集まっている。厚労省の“人事評価改善等助成金”も、このような動きを後押ししていると言える。 とはいえ、社長の評価がそのまま会社からの評価という会社や、明快な人事評価制度がなくとも、気持ちよくかつワークしているという会社など、様々であろう。筆者は、人事評価制度は、人を育て、会社の利益が上がる仕組みと捉えている。しかし果たして、この人事評価、実態はどうなのか。

  • 歴史を動かす行動理論

    第28回 大山巌(おおやま いわお)

    西洋文化への憧憬と造詣が深かった。西洋かぶれと呼ばれた彼は「日本人最初のルイ・ヴィトンの顧客」であった。ヴィトンの顧客名簿に自筆のサインが残っているそうである。 同郷の東郷平八郎と並んで「陸の大山、海の東郷」といわれ、マッカーサーに英雄と心酔させた大山巌である。

  • 大学の就職支援室からみた新卒採用

    第63回 リモートワーク

    先日のNHKニュースで福井県の鯖江市のリモートワークの取り組みが紹介されていました。都心に本社がある企業が鯖江市に事務所を借りて事務職を採用し、本社とネットでつないで仕事をするといったスキームです。鯖江市は今こうした取り組みに力を入れ、市内の空き家をリフォームしてワーキングスペースに改装するための支援もしているとのこと。番組では、現在リノベーション中の、託児施設が併設された20名ほどが働けるオフィスづくりの様子を追っていました。