HRプロ編集部取材×注目人事トレンド日本企業に求められているのは、実行サイクルのスピードを上げ適材適所で勝てる組織をつくること | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 アフターレポート&講演レジュメ公開中!
HRプロ編集部取材×注目人事トレンド

日本企業に求められているのは、実行サイクルのスピードを上げ適材適所で勝てる組織をつくること

【対談】 株式会社people first 代表取締役 株式会社ICMG 取締役 八木 洋介
フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社 取締役副社長 竹村 富士徳
2017/12/26

世界的なロングセラー『7つの習慣®』を世に送り出したフランクリン・コヴィー社がそのフィロソフィーに則り、目標と戦略を組織で実行するために15年の歳月をかけて研究し、開発したのが『実行の4つの規律(“The 4 Disciplines of Execution”)』だ。それをタイトルとした著書も2012年に出版された。昨今、日本の経営者や人事パーソンの多くが、企業として勝つための「戦略的人事」 の重要性を認識しているが、理想どおりに活動できている企業はほんのわずかだ。必要だとわかっている戦略や変革が組織として実行できないのはなぜなのか? その解を得るべく、今回は日本鋼管、NationalSteel、GEなどの人事責任者を経て、元LIXILグループ副社長を務めた人事のプロ、 八木洋介氏を招き、『実行の4つの規律』の共著者であり、フランクリン・コヴィー・ジャパン取締役副社長の竹村富士徳氏と「日本の人事の課題」「変革の必要性」「働き方改革の本質」「リーダーシップ」などをテーマに語ってもらった。

『実行の4つの規律』プロジェクトは著名コンサルタントの素朴な疑問から始まった

八木 『7つの習慣®』は今でもロングセラーとしてよく読まれていますが、出版されてからもう四半世紀以上経つのではありませんか。

竹村 1989年に原書が出版されてから29年、1996年に日本で翻訳本がでて22年になります。

八木 私は1996年か97年くらいに、著者のコヴィー博士本人からお話をうかがったことがあるんですよ。当時、私は日本鋼管からNational Steelに出向していて、人事にも携わっていたのですが、『7つの習慣®』の著者であるコヴィー博士の研修に多くの人事マネージャーたちと一緒に参加しました。

竹村 今日はその『7つの習慣®』を組織で実践するための『実行の4つの規律』に関してお話したいと思うのですが、『実行の4つの規律』の誕生は、八木さんのご経歴とも関係があるんですよ。世の中に戦略に関する本は山ほどありますが、実行に関する著書はそんなに多くありません。そのなかで代表作の1つである“Execution”、日本では『経営は「実行」』(日本経済新聞出版社)というタイトルで出版された本があります。

著者はGEのCEOジャック・ウェルチの右腕だったラリー・ボシディです。その本の共著者がコンサルタントのラム・チャランなのですが、彼は当社の社外取締役だったのです。そして15年ほど前、ラリーがフランクリン・コヴィー社の経営陣に対して発した質問が『実行の4つの規律』のプロジェクトを発足させるきっかけになりました。

八木 彼はどんな質問をしたのですか。

竹村 まず「皆さんの経験上、リーダーが苦労をしているのはどちらだと思いますか? 実行ですか、それとも戦略ですか?」と質問したのです。「実行だと思う」と私たちは答えました。2つ目の質問は、「リーダーは何を教育されていますか? 戦略ですか、実行ですか?」でした。私たちは、「戦略に関する教育だと思う」と答えました。

さらに彼は「リーダーの実行に本当に役立つものは何ですか? どんなに統制のとれた組織、有能な人材があふれる組織であっても、ときに、何年も戦略の実行に悪戦苦闘しているのはなぜですか?」と質問したのです。私たちは「わかりません。秘訣は何ですか?」と答えました。するとラム・チャランは、「私にもわからない。だから、あなたたちにやってほしい」と言ったのです。
八木 ほう、それは興味深いですね。

竹村 ラム・チャランはコンサルタントとして数多くの企業を見てきて、なぜ当たり前のことが当たり前にできないのかに疑問を抱いたのです。『経営は「実行」』のラリー・ボシディにしても、GEの外に出てみたら、戦略を実行できない方が世間では一般的だと気付くのですね。そこに「実行ギャップ」というテーマが生まれたというわけです。それでは、私たちはコンテンツメーカーとして、実行できる組織にするために何ができるのだろうと考えて10年以上研究し、開発されたのが『実行の4つの規律』です。

プロフィール

【対談】 株式会社people first 代表取締役 株式会社ICMG 取締役 八木 洋介
フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社 取締役副社長 竹村 富士徳



株式会社people first 代表取締役 株式会社ICMG 取締役 八木 洋介(左)
1955 年生まれ。株式会社people first 代表取締役/株式会社ICMG 取締役。1980 年京都大学経済学部卒業後、日本鋼管株式会社に入社。主に人事などを担当した後、National Steel に出向し、CEO を補佐。1999 年にGE に入社し、Healthcare Asia、Money Asia、GE Japan において人事責任者などを歴任。1992 年、MIT Sloan School にてMaster of Science 取得。2012 年に株式会社LIXIL グループ 執行役副社長 兼 株式会社LIXIL 取締役副社長 執行役員に就任。CHRO(最高人事責任者)を務め、同社の変革を実践。グローバル化、リーダーの育成、ダイバーシティの促進など、戦略的人事を推進した。
著書に『戦略人事のビジョン 制度で縛るな、ストーリーを語れ』(光文社新書、共著)がある。

フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社 取締役副社長 竹村 富士徳(右)
1969 年生まれ。フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社 取締役副社長、国立大学法人筑波大学 客員教授。1995 年、旧フランクリン・クエスト社の日本法人に入社。経営企画、経理全般、人事、プランナー関連商品の開発、販売、物流など多岐に渡って担当する。同社の売上高向上および利益改善に大きく貢献し、1998 年コヴィー・リーダーシップ・センターとの合併に伴い、フランクリン・コヴィー・ジャパンにて最年少で取締役に就任。米国本社との折衝はじめ、日本国内における同社事業の再構築の指揮を執り、2000 年取締役副社長に就任。「あらゆる人々と組織の大いなる力を解き放つ」というフランクリン・コヴィー社のミッションを現場で押し進め、経営に携わると同時に講師としても活躍。実践に裏打されたコンテンツへの深い理解が、ファシリテーションの強力なバックボーンとなっている。

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 「プロ・リクルーター」が変える日本の採用の未来

    第4回「プロ・リクルーター」に求められる能力と「プロ・リクルーター」を活かす組織とは

    有効求人倍率が1.52倍(2017年8月厚生労働省)と発表され、バブル期を超える求人難となっている昨今。激化する人材獲得競争を勝ち抜くための一つの手段として注目されているのが「プロ・リクルーター」の活用。変化し続ける採用市場において、自社の採用を成功に導く専門職「プロ・リクルーター」の役割とは何なのか。また、「プロ・リクルーター」の導入を成功させるためには何が必要なのか。人材の「採用」に関する科学的アプローチである「採用学」を確立された横浜国立大学大学院の服部泰宏教授と、これまで数多くの企業における人事・採用支援サービスを行ってきた株式会社ビズリーチの取締役、多田洋祐氏に対談いただき、「プロ・リクルーター」のミッションについて、また「プロ・リクルーター」が活躍できる企業の受け入れ態勢について掘り下げていただきました。

  • 「プロ・リクルーター」が変える日本の採用の未来

    第2回 プロ・リクルーターによる採用変革が日系企業で加速「ダイレクト・リクルーティング・アワード2016」

    即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」を運営する株式会社ビズリーチでは、2016年11月21日(月)、「ダイレクト・リクルーティング・アワード2016」の表彰式を開催しました。企業が主体的・能動的に求職者へのアプローチを行う採用手法、ダイレクト・リクルーティングに積極的に取り組む企業を表彰する同アワードでは、これまで外資系企業やベンチャー企業が受賞企業に名を連ねていましたが、第3回となる今年は、日系大手企業も多数受賞。また、ダイレクト・リクルーティングを推進する採用スペシャリストを対象とした「プロ・リクルーター賞」が新設されました。激化する人材獲得競争の中、企業間に広がってきたダイレクト・リクルーティングとプロ・リクルーターの“今”が見えてくる、同アワードの詳細をレポートします。

  • これからの採用を変える「採用マーケティング」

    第3回 攻めの採用を国内・海外で展開する楽天

    激化する人材獲得競争に勝ち抜くため、先進的な採用戦略を推進する多くの海外企業が取り入れている「採用マーケティング」。日本企業の中でも、消費者マーケティングの考え方を採用に応用する採用マーケティングを実践し、攻めの採用を積極的に行っているのが、インターネットサービスを中心に多様な事業をグローバルに展開する楽天です。 注目されるこれからの採用手法、採用マーケティングを掘り下げてきた3回シリーズ最終回の今回は、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や若手向けレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」を運営する株式会社ビズリーチの執行役員、関哲氏をインタビュアーとして、楽天株式会社のグローバル人事部採用推進課アシスタントマネージャー、田平和之氏にお話を伺いました。

  • 「プロ・リクルーター」が変える日本の採用の未来

    第1回 キャリア採用市場で「採りたい人材を採る」ために、今、企業に必要なプロ・リクルーターとは

    HR総研が2016年に実施したアンケート調査によると、企業の人的資源管理における課題のトップは「キャリア採用・中途採用」。しかも、昨今の求人倍率はリーマン・ショック以前の数字を超えており、どの企業にとっても採用の困難さは増してきています。では、変化し続ける採用市場で、企業は人材獲得競争にどのように打ち勝っていけばよいのでしょうか。その切り札として期待される施策の一つが、自社の採用を成功に導く専門職、「プロ・リクルーター」の養成、強化です。 これからの企業の採用力強化について考える6回シリーズの第1回となる今回は、企業の組織・人事の専門家である慶應義塾大学大学院の小杉俊哉特任教授と、多くの企業に各種人事・採用支援サービスを提供している株式会社ビズリーチの取締役、多田洋祐氏にご対談いただき、「採りたい人を採るための採用」に向け、企業には何が求められるのかを掘り下げていただきました。

  • これからの採用を変える「採用マーケティング」

    第2回 求職者=お客様と捉える「採用マーケティング」がもたらす効果

    人材獲得競争が激しさを増す中、これからの採用手法として海外で注目を集め、日本でも取り組む企業が現れ始めているのが「採用マーケティング」です。 オンラインでの口コミの影響など、インターネットの普及が消費者の行動を変えたように、就職・転職を考える人々の行動もかつてとは様変わりしています。進化してきた最近の消費者マーケティングの考え方やプロセスを採用に応用することは、その変化への有効な対応策の一つとなります。 3回シリーズの第2回となる今回は、採用マーケティングの考え方やプロセスについて、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や20代のためのレコメンド型転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」を運営する株式会社ビズリーチのキャリアトレック事業本部マーケティング部部長、青山弘幸氏に伺います。

  • HRプロ 寺澤康介が斬り込む キーパーソン・インタビューシリーズ

    成果を上げる組織づくりのプロが語る「今のメンバーで飛躍的に成果を出す組織変革メソッド」

    業績が上がらず、「組織に問題はないのか」と経営から対処を求められているものの、本当に実効性がある打ち手が見つからないという人事の方々は少なくないようです。そんな中で、これまでに導入した企業のほぼすべてが業績を伸ばし、「半年で経常利益約280%増」、「1年で累損が数億円圧縮」といった結果を出しているのが、株式会社Kronikaの提供するタレントフォーカス(Talent Focus)。「成果を上げる組織づくりのプロ」として800社以上の企業に関わってきた同社の代表取締役、星山裕子氏に、日本企業の組織が抱える課題や、その実効的な解決策について、ProFuture代表の寺澤康介がお聞きしました。