人事・労務全般・その他

【Webセミナー】コロナ禍が問う、人事総務業務の省力化と戦略人事の実現

コロナ禍で求められた業務クラウド化。 今後、人事総務部門に求められる役割とは?


【Webセミナー】コロナ禍が問う、人事総務業務の省力化と戦略人事の実現 【株式会社オービックビジネスコンサルタント】
費用 無料
会場 Webセミナー

その他・海外オンラインセミナーのため、自社・自宅でご参加いただけます。

特典 ★当日のアンケートをご回答いただいた方限定特典★
@「【特典】人事部門ができる省力化策12選」
A講演レジュメ
ジャンル 人事・労務全般・その他
提供 株式会社オービックビジネスコンサルタント

解決できる課題

人事部門を変革したい

労働時間の超過を減らしたい

人事労務の管理コストを低減したい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

「いつかは自社でも...」と思われていた業務クラウド化はコロナ禍を機に、
急遽各企業の前に解決すべき問題として立ちはだかりました。

早期から対策を打ってクラウド化を実現した企業もあれば、
クラウド化に対応できずに緊急事態宣言の中、人事総務部門が出社せざるを得なかった企業も少なくありません。

第二波懸念が色濃くなる状況で、
「クラウド化への適応」についてはどの企業にとっても今後も残り続ける課題であることは自明の事でしょう。


クラウド化によってもたらされる省力化、その先に見える付加価値業務へのシフト。
人事総務部門の役割は変化し、そしてより一層大きくなります。
企業の心臓部として、人事総務部門の役割そのものが企業戦略ひいては企業の成長に直結していると言えるのです。

本セミナーでは、これから求められる「戦略人事」実現に向けて、人事総務部門担当者が取るべき方針を探ります。

プログラム

2020年7月14日(火)
13:30-14:30

講演内容

・今後、人事総務部門に求められる仕事(役割)とは?
・データと実例の分析から見る、コロナ禍による人事総務領域におけるDX(デジタルトランスフォーメンション化)の加速
・業務クラウド化による定型業務の効率的と付加価値業務へのシフト
・人事総務部門における付加価値業務と企業に与える影響

企業の心臓部である人事総務部門に求められる役割と、戦略人事実現への方策を解説します。

講師情報

朝倉大輔氏

株式会社アクティブアンドカンパニー HRテック事業部

大学卒業後、主に医療業界の中で営業として卸売・M&Aなどに携わる。
AAC参画後は、HRオートメーションシステム『sai*reco(サイレコ)』の営業として、様々な企業に対して導入提案から販売・導入まで一貫して携わる。経営者や人事担当者が抱える問題を解決すべく、人事業務効率化とタレントマネジメント観点からソリューションの企画・提案を行っている。

会社情報

社名 株式会社オービックビジネスコンサルタント
住所 〒163-6032
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー32F
代表者 代表取締役社長 和田 成史
資本金 105億1,900万円
売上高 非公開
従業員数 739名(平成30年3月31日現在)