申込み1件につきHRポイント100P進呈!

特典

労働法の基本と労務問題の実務対応~現役弁護士が労働基準法からわかりやすく解説~

この講座(セミナー)では次のようなことが学べます。 ●「募集・内定・採用・試用」における労働法の理解と実務 ●「賃金」に関連する労働法と実務の理解 ●「労働時間、休日・休暇」に関連する労働法と実務の理解 ●高年齢者雇用安定法改正も踏まえた「退職、解雇」の理解と実務

労働法の基本と労務問題の実務対応~現役弁護士が労働基準法からわかりやすく解説~
費用: 33,000円(税込)
開催形式: オンライン(ライブ)
視聴URL連絡方法: ・後日メール等で個別案内
提供会社: HRプロスクール(ProFuture株式会社)
特典 【アーカイブ動画配信あり!】
「HRプロスクール」では、出欠に関わらず、お申込者さま全員に
期間限定の講座動画視聴URLをお送りします!
当日のご予定がご不安な方も、安心してお申し込みください。

このセミナーの主な対象者

●法律のプロから労働法について網羅的に学びたい方
●実務の根拠や、様々な事例から労務を学びたい方

解決できる課題・このセミナーをおすすめしたい企業

日程・申込

2024/09/03(火) 13:0017:00

Googleカレンダーに登録
  • 申込締切:2024/09/03(火) 12:55
  • キャンセル受付締切:2024/08/27(火) 12:00
  • 定員:30名
申込む

セミナー概要

■講座(セミナー)概要■
本セミナーでは、労働基準法などの労働法をはじめとして、最新の法改正や今日的な労働問題の実例も踏まえながら、
「採用から退職に至るまでの労務」に関連する基本的な問題を、実務的な視点で検討します。

雇用環境や労働者の意識が大きく変わる中、人事労務管理をめぐる問題はますます増加、かつ複雑化しています。

人事や総務・法務担当者としては、場当たり的に事案に当たるのではなく、
労働法への的確な理解と、整理体系化された知識に基づいて、長期的な視野で事に当たらなければなりません。

■この講座(セミナー)はこのような方向けです■
・ 労働法を基にした労務対応の「基本から実務」まで、体系的に学びたい
・ 労務問題に直面した際の対応方法を、労働法を理解した上で知りたい
・ 労働基準法をはじめとした労働法の理解をもっと深めたい

■この講座(セミナー)はこのようなことが学べます■
・「募集・内定・採用・試用」における労働法の理解と実務
・「賃金」に関連する労働法と実務の理解
・「労働時間、休日・休暇」に関連する労働法と実務の理解
・高年齢者雇用安定法改正も踏まえた「退職、解雇」の理解と実務


■講座(セミナー)の過去受講者の声■
「日頃行っている業務が、どのような根拠に基づいて行われているのかを理解することができた。」

「実務において対応する際の基礎的な考え方を網羅的に学ぶことができた。現在行っている業務の根拠や重要性を知ることができ、今後の仕事に大変役立つ内容だった。」

「様々な事例を挙げながら講義していただけたので、自社のケースに置き換えながら受講することができました。」

■特典■
【アーカイブ動画配信あり!】
「HRプロスクール」では、出欠に関わらず、お申込者さま全員に
期間限定の講座動画視聴URLをお送りします!
当日のご予定がご不安な方も、安心してお申し込みください。

■お支払い■
料金:33,000円(税込)
※ 請求書を発行します。
※ 請求書は講義終了の月末までに、PDF版をメール送付の上、併せて原本も郵送いたします。
※ お支払いは「開催月末締め、翌月末払い」となります。

■キャンセル料金■
※当日参加できない方も、アーカイブ動画の視聴は可能です。
開催8日前までのキャンセル:無料
開催7日前から2日前までのキャンセル:半額
前日および当日のキャンセル:全額

■その他■
最低催行人数:6名
申込者と受講者が異なる場合は、お申し込み後に自動送信される受付メールに返信する形でご連絡ください。

■問い合わせ■
HRプロ運営事務局
mail. proschool@hrpro.co.jp

プログラム

13:00-13:15

<前提>労働基準法の重要性を理解する

・労基法は「強行法規」
13:15-13:45

1. 労働法から「募集・内定・採用・試用」を理解する

(1)労働条件明示と労働契約
(2)内定取消トラブル
(3)試用期間と本採用拒否
(4)身元保証契約書は絶対に必要か
13:45-14:15

2.労働法から「賃金」を理解する

(1)労働契約・就業規則・労働協約とは
(2)賃金に関する労基法の規制
14:15-15:00

3. 労働法から「労働時間、休日・休暇」を理解する

(1)法定労働時間
(2)時間外労働と割増賃金
(3)変形労働時間制と裁量労働制
(4)管理職の労働時間と“名ばかり管理職”問題
(5)休日労働
(6)年次有給休暇
15:00-16:00

4.労働法から「退職、解雇」を理解する

(1)退職
(2)解雇に対する法規制
(3)雇止めに関するトラブル
(4)定年 ~高年齢者雇用安定法改正を踏まえて
16:00-17:00

5 .労働法から「人事異動と懲戒処分」を理解する

(1)人事異動
(2)懲戒

登壇講師

  • 千葉博

    千葉博氏

    千葉総合法律事務所 弁護士

    平成2年東京大学法学部卒業。平成6年弁護士登録。平成20年千葉総合法律事務所設立。令和4年より内幸町国際総合法律事務所代表パートナー。
    専門分野は企業法務全般・民事商事・労働・保険。関東学院大学・神奈川大学・早稲田経営学院、LEC東京リーガルマインドの各講師、日本経済新聞、みずほ総合研究所、SMBCコンサルティング、労務行政研究所など、銀行系セミナー等講師を精力的に務め、わかりやすい講義には定評がある。「労政時報」(労務行政研究所)、「労務事情」(産労総合研究所)等、労務関連雑誌にも執筆。著書多数。

参加者の声

  • 45~49歳

    説明が大変わかりやすく、労務初心者でも理解できました。また、聞きやすく、長めの時間でしたが集中して聞くことができました。
  • 45~49歳

    労務関連の知識を全般的におさらいすることができました。 また、法律においてどういった背景があるのか、法律の抽象的理解と具体化例、実際の判例等、横断的かつ縦断的にご説明いただけた点はとても分かりやすかったです。
  • 25~29歳

    テキストを見た際はかなり難しい内容なのでは?と感じたが、実際には大変分かりやすく実例にも基づいて説明していただけたのも良かった(講師のお声も聞き取りやすかったです)

会社情報

社名 HRプロスクール(ProFuture株式会社)
住所 〒100-0014
東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル5階
代表者 代表取締役社長 寺澤康介
資本金 39,775千円
売上高 -
従業員数 -

  • 労政時報
  • 企業と人材
  • 人事実務
  • 月刊総務
  • 人事マネジメント
  • 経済界
  • マネジー