コンプライアンス

「コンプライアンス(Compliance、直訳すると「法令遵守」を意味する)」とは、法令や規則、社会的規範や倫理などを遵守することをいいます。コンプライアンスには様々な種類がありますが、一般的に「企業コンプライアンス」を指します。

「企業コンプライアンス」(Corporation compliance)とは、企業が法律や内規等の基本的ルールを守って活動することを指します。また、法令に限らず社会的規範や企業倫理(モラル)を守ることも含むとするケースもあります。

社会的信頼を失うような法令違反や不祥事を犯す企業活動の増加に伴い、重視されるようになったコーポレートガバナンスの基本原理です。ビジネスコンプライアンスとも呼ばれます。

企業活動には商法、民法、独占禁止法、金融商品取引法、不正競争防止法、消費者保護法、個人情報保護法、製造物責任法(PL法)、労働法など多数の法律や規則が絡みます。この上、監督官庁の「命令」や「指導」も加わり、政治家や公務員との関わり方や、証券取引、従業員の職務環境などでは高い倫理感も求められます。

社員全員が規則を守り、モラルある行動をとるよう企業は管理する必要があります。また、もし違反行為が発生した場合には早期に是正できる体制を作っておくことが重要です。第三者によるチェック体制を導入する方法もあります。とかくリスクマネジメントの一環と位置付けられやすいコンプライアンスですが、逆に、社会や消費者の信頼を高めるための戦略的ビジネス活動として取り組むこともあります。

また、コンプライアンスと同時に、CSR(Corporate social responsibility、企業の社会的責任と訳す)を果たすことも重要視されるようになりました。

このキーワードに関するサービス情報