社会人基礎力

「社会人基礎力」とは、経済産業省が産学の有識者による委員会において、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として2006年に定義付け、提唱しているものです。

読み書き、算数、基本ITスキルを含む「基礎学力」、仕事に必要な知識、資格などの「専門知識」と並ぶ、第3の能力と位置付けられるのが社会人基礎力。そこには、基礎学力、専門知識だけではなく、それらを活用して企業で実際に仕事をする上で欠かせない「社会人基礎力」を学校などで意識的に育成してほしい、また、若者自身も積極的に伸ばしてほしい、という産業界の要望が反映されています。

社会人基礎力は、「前に踏み出す力(アクション)=一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力」、「考え抜く力(シンキング)=疑問を持ち、考え抜く力」、「チームで働く力(チームワーク)=多様な人々とともに、目標に向けて協力する力」という「3つの能力」と、3つの能力をさらに掘り下げた「12の能力要素」によって構成されています。

「前に踏み出す力」の能力要素は、「主体性(物事に進んで取り組む力)」、「働きかけ力(他人に働きかけ巻き込む力)」、「実行力(目的を設定し確実に行動する力)」。

次に、「考え抜く力」の能力要素は、「課題発見力(現状を分析し目的や課題を明らかにする力)」、「計画力(課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力)」、「創造力(新しい価値を生み出す力)」。

最後に、「チームで働く力」の能力要素は、「発信力(自分の意見をわかりやすく伝える力)」、「傾聴力(相手の意見をていねいに聞く力)」、「柔軟性(意見の違いや立場の違いを理解する力)」、「情況把握力(自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力)」、「規律性(社会のルールや人との約束を守る力)」、「ストレスコントロール力(ストレスの発生源に対応する力)」となっています。

これらは、企業で活躍できる人材に必要となる基本的な能力だといえます。そこで、最近では、社会人基礎力診断を新卒採用やキャリア採用の選考プロセスに取り入れたり、若手社員の育成にあたって社会人基礎力の向上を図るプログラムを導入したりする企業も増えてきています。

このキーワードに関するサービス情報