従来の昇級・昇格試験は、集合型や提出型での運用が一般的でした。
しかし現在、コロナ禍に伴うリモートワーク推進に伴い、リアルで行うことが難しい状況です。

そこで、オンラインでも昇級・昇格試験を行えるように、Web回答システム『SHRPA』を活用し
職位・職階別に社員が昇級・昇格の適性があるか?評価することができる【UM記述式試験】をご用意いたしました。

本資料では、Web回答システム『SHRPA』の概要をお伝えしつつ
3種類のUM記述試験について、それぞれ特徴を解説しております。


▼▼▼ UM記述試験のラインナップ ▼▼▼

@『UM-論文』
設定されたテーマについて、論文を作成します。
記述された内容から、論理性や役割認識などを評価します。

一般職用と、管理職用の2種類の評価モデルから選択できるため
それぞれの目的にあった評価項目を設定することが可能です。


A『UM-ケース』
実際の業務を想定したケース問題を読み、問題点や対策を記述します。
課題の設定や解決力など、マネジャーとして必須の能力を評価します。

また、若手・リーダー層から管理・監督者層まで、幅広いバリエーションを取り揃えており
階層や役割などから、受験対象にあったケースを選択いただくことができます。


B『UM-インバス』
管理・監督者の立場で、事例企業の案件処理や課題解決を行います。
優先度の視点での意思決定から、総合的なマネジメント能力を評価します。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


【こんな方におすすめです】
・昇進・昇格試験において適切な測定と評価をしたい
・従来の昇進・昇格試験の要件定義を見直しをしたい ...など

「社員の能力把握」「昇進・昇格の判断材料」といったことで、お悩みを抱える方や
情報収集をされている方は、本資料をダウンロードし詳細をご覧くださいませ。

解決できる課題

職務適性の診断をしたい

ビジネスに必要な知力を診断したい

配置転換に利用できる診断をしたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社 日本経営協会総合研究所
住所 〒163-0726
東京都新宿区西新宿2-7-1
小田急第一生命ビル26階
代表者 代表取締役社長 神吉 雅彦
資本金 6,000万円(2015年1月1日現在)
売上高 非公開
従業員数 60名(役員・外部スタッフ含む)