厳選5社のSDGs取り組み事例からヒントを得てみませんか?

【お役立ち資料・講演資料】
厳選5社のSDGs取り組み事例紹介
〜他社事例から学ぶSDGsの進め方〜
と「SDGsフレームワーク」

●資料概要

2030年に向けて「SDGsに取り組まないこと自体がリスク」となります。
持続可能な経営を行うためには、自社のビジネスモデルに社会課題解決の要素を入れ込むことが必要不可欠です。
まずは本業とのSDGsの接点を明確化し、重点テーマに取り組む指針を見出すことが重要な1歩となります。

SDGsへの取り組みに向けてのご相談を頂く中で、
 ・何から着手すればいいのか分からない。
 ・関心はあるが社会性と経済性を両立できる本業とのシナジーが見えない。
 ・自社だけでは社会課題解決に向けて限界がある。SDGs取り組みに向けてのためのパートナーが欲しい。
 ・SDGsへ取り組まなければならないと危機意識はあるが、社内意識浸透が進まない。
など課題を持たれている方が多く、取り組みにはまだ程多い状況です。

しかしこうした状況下でも2030年に向け、各業界のSDGsへの取り組みは日々加速しております。
変化の激しい市場において、新しい取り組みを推し進めるには情報は必要不可欠です。

本資料では、厳選した5社のSDGs取り組み事例を紹介させていただき、貴社のSDGs取り組みの第一歩に繋がるヒントをご提供いたします。

●資料のポイント

(1)厳選された5社の取り組み事例から貴社の取り組みへのヒントを得る
(2)SDGsへの取り組みに向けて共通課題を持たれていた企業の解決フローを学ぶ
(3)SDGsの取り組みが加速する中で、外部環境変化の状況について学ぶ

●掲載されているコンテンツ

1.持続可能な開発目標(SDGs:Sustinable Development Goals)
2.SDGs×●●
  ・SDGs×事業戦略
  ・SDGs×経営戦略
  ・SDGs×ブランディング
3.社会課題から事業を創造する
4.顧客と社員に選ばれ続ける組織づくりの重要性
5.タナベ経営コンサルティングメニュー

解決できる課題

次世代経営者を育成したい

管理職の能力を高めたい

部長・役員の能力を高めたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社タナベ経営
住所 〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原3-3-41
代表者 代表取締役社長 若松 孝彦
資本金 17億7,200万円
売上高 87億9千7百万円(2018年3月期)
従業員数 411名(2020年4月1日現在)