人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

人事を変える集合知コミュニティ HRアゴラ

「研修講師のこぼれ話」第11話

0

2015年09月15日

こんにちは、研修講師の宇田川 摂です!
今回は「人は見た目で判断される」についてです。

会社の文化・カラーにもよりますが、若手リーダーシップ研修を実施すると男性社員に比較的高い頻度でいわゆる「つっぱった姿(見 た目)」をしている方に出会います。
ちょっと思い出すだけでもモヒカンヘアー、極太ピアス、奇抜なTシャツ、バミューダパンツ、ビーチサンダル、ごついチェーン付ウォレット、などなどかなり個性的な方がおりました。

それはそれで研修会場の中だけの話ならばいいのです。
また、不思議とこのような「つっぱった姿」をしている人ほど、非常にまじめに研修に参加する傾向があるようにも感じます(ハロー効果によるゲイン効果か!?)。

しかし、リーダーシップを期待された若きリーダーは「日常の業務において、他の人からどのように見られるか?」にまで気をつかって欲しいと思います。
悲しいかな、「人は見た目で判断してはいけません」と言われるほとに人は見た目で判断されてしまいますので。

見た目でどのように判断されるかを実験した動画(Youtubeへのリンクとなります)
https://www.youtube.com/watch?v=XuxOrCoYnV0

SnapCrab_NoName_2015-9-15_9-26-39_No-00

リーダーとしてのプレゼンス(見た目や振舞い)を初対面の方がどう感じるか?
相手に少しでもネガティブな印象を与えてしまうと、マイナススタートとなり良好な関係を築くまでに必要以上の時間を費やしかねません。

弊社が提供するリーダーシップ研修中の「ボスマネジメント」において、自身のプレゼンス+ノンバーバルを見直す演習を用意しております。
この演習を通じてリーダーになるということは一歩家から出た瞬間から業務時間はもちろん昼食中や通勤時にも「どのように見られているのか?」を意識することの重要性を学んで頂きます。

ビジネスリーダーになったら見た目よりも行動・言動に磨きを掛けて頂くことをおススメします。

 

 

■9月18、30日『プレゼンテーション基礎研修の体験・無料セミナー』はこちら■
http://www.hrpro.co.jp/seminar_detail.php?ccd=00069&pcd=131

◆「研修講師のこぼれ話」バックナンバーはこちら◆
http://www.hrpro.co.jp/agora/author/a_vector

◆株式会社ベクトルの特別サイトはこちら◆
http://www.hrpro.co.jp/siteinsite_00069.php

この記事はあなたの人事キャリア・業務において役に立ちましたか?

参考になった場合はクリックをお願いします。
0

Voice私はこう思う!

この記事へのコメントはまだありません。

コメントを行うには HR プロへのログイン・会員登録が必要になります。

新規会員登録はこちら