メルカリが新たなワークスタイル制度「YOUR CHOICE」を導入。全社員が働き方を選択可能に

株式会社メルカリ(以下、メルカリ)は2021年9月1日、多様な働き方を尊重した新たなワークスタイル制度「メルカリ・ニューノーマル・ワークスタイル “YOUR CHOICE”」(以下、「YOUR CHOICE」)を設立し、これまでの制度から移行したと発表した。「YOUR CHOICE」は、全社員が出社の有無や働く場所などを各自で選択できる制度となる。本取り組みにより、個人と組織のパフォーマンスおよびバリューを高め、多様な人材が活躍できる環境を実現させたい考えだ。

「出社」と「リモート」、それぞれの利点を活かす新たなワークスタイルを確立

メルカリは、2020年2月19日より原則在宅勤務を導入しており、以降も新型コロナウイルス感染症の影響による変化に対応しながら生産性を最大化させる新しいワークスタイルの確立を目指して、同年7月1日より「メルカリ・ニューノーマル・ワークスタイル」を試行。また、グループ会社の「メルペイ」でも、「いつでも、どこでも働けること」を目指して新たな働き方の実験と検証を行うプロジェクト「merpay work lab」を実施してきた。

両取り組みを通じて、「業務効率の向上」などリモートワークにおける多くのメリットを見出す一方、組織の事業フェーズや業務特性、成熟度もさまざまだというメルカリグループでは、新入社員の「オンボーディング」など、出社での勤務が効果的なケースも確認されたという。

これらを受け、メルカリは新たなワークスタイル制度「YOUR CHOICE」への移行を決定。働き方を画一的に規定せず、社員が各自で選択できるようにした。同制度は、メルカリの国内オフィスに勤務する全社員を対象としている。概要は以下の通り。

●「オフィス出社」も、「出社を前提としないフルリモートワーク勤務」も、各社員が選択できる
●日本国内であれば、住む場所や働く場所についても各社員が選択できる(セキュリティ要件など業務上必要な場合は、オフィス出社とする場合もあり)
●チームマネージャーによる働き方の推奨は可能だが、最終的には各個人が自らだけでなくチームのワークスタイルを提案および決定できる
●出社の有無によって社員が不公平な扱いを受けることはない


同社は本取り組みを通じて、多様な人材が活躍できる環境の実現を目指すと同時に、社員同士が持つ共通の価値観として、組織のカルチャーづくりにも力を入れるという。

コロナ禍において勤務環境の整備が重視される中、時間や場所にとらわれない働き方ができる制度を導入する企業も増えている。ライフスタイルや業務内容に応じて、働き方を柔軟に選択できるよう体制を整えることで、業務効率化および社員のモチベーション向上を試みるのも有効な手段となるだろう。