内定者モバイル/Workschool

掲載日:2024/04/16 ※最終更新日:2024/05/20

スマホアプリのモバイルラーニングによる、持続的な入社動機形成とは?

学生の隙間時間で取組が可能な「モバイルラーニング」で効果的な内定者フォローを実施します。 継続的なリレーション構築で入社意欲を持続させます。

資料請求・問い合わせる

\こちらのサービスは、サービスに関する資料がその場でダウンロードできます/

サービス基本情報

時期・期間:2025年、2026年、2027年卒対象
実績社数:100社
対象主要業界:すべて
対象地域:全国
対象企業規模:すべて
対象主要階層:すべて
対象主要職種:すべて
費用:1万2000円~/1名/1年間利用
提供会社:株式会社学生情報センター

解決できる課題・このサービスをおすすめしたい企業

新入社員の能力を高めたい

230の汎用コンテンツに加え、管理者の管理機能がついています。 内定者の進捗から、動向を予測し能力を高め、内定辞退を未然に防ぎます。

サービス内容

その内定者フォロー、入社意欲の低下を招いているかも???
拘束しすぎず、放置しぎずの距離感が、内定後の入社意欲をさらに高めます!
昨今の学生トレンドにマッチしたモバイルラーニングの活用方法教えます!

内定までの採用活動も大事ですが、内定後の歩留まりをUPさせることも、大変重要なファクターかと思います。

・月に1回もしくはそれ以上、対面やZOOMで招集
・内定者同士で課題に取り組む

などの取組をお聞きすることが多いですが、実際のところ入社意欲が高まっているのかどうかは微妙なところです。

当社は、学生マンションを管理する会社でもありますので、入居者へのアンケートを実施しますが、
上記に記したような内定者フォローに関しては、かえって入社意欲が薄れてしまうといった声も
少なくないと認識しています。

明らかに第一希望の企業さまに内定している学生だと、招集や集合研修なども嬉しいようですが、
多くの学生にしてみると複数内定後に、改めて入社先の優先順を決定する行動の方が通例ですので、
望まない束縛はモチベーションの低下に繋がってしまいます。

その点、今回ご提案をする「Workschool内定者モバイル」はスマホ、アプリ、をキーワードにした
フォローですので、昨今の学生のライフスタイルに即し、「負担にならずに継続的」なフォローで
入社意欲を高めることに非常に適しています。

また、学生の能動性に任せるだけでなく、採用担当者が使用する為の、管理機能が搭載されています。
この管理機能によって、内定者の進捗を確認しながら、進捗が早い、着実な学生は「入社確度高い」
進捗が遅く、2,3日ログインしていない学生は「内定辞退の可能性高い」などの見極めが可能です。

時には「いつも進捗が早くて感心してます。○○さんに内定出しして本当に良かったと感じてます!」
や、「最近ログイン少ないようで心配しています。。不安や悩みがあればお気軽に相談下さいね」
など、適宜メッセージや電話でフォローすることで、より一層内定者フォローの効果が高まります。

コストも、12,000円/1名/1年(月額1,000円)とご利用しやすい料金設定です。
万が一途中で内定辞退となった場合も、契約期間内であれば、新規の内定者へアカウントの
付け替えも可能ですので、利用期間内は無駄なくご利用可能です。

是非一度ご一考下さい。

内定者モバイル/Workschool

会社情報

社名 株式会社学生情報センター
住所 東京都新宿区西新宿2-4-1新宿NSビル23F
代表者 吉野 一樹
資本金 4000万円
売上高 137億円
従業員数 798名
資料請求・問い合わせる

\こちらのサービスは、サービスに関する資料がその場でダウンロードできます/


  • 労政時報
  • 企業と人材
  • 人事実務
  • 月刊総務
  • 人事マネジメント
  • 経済界
  • マネジー