第5回 「変革期の新卒採用対策」〜「選んでもらえる企業」になるために〜第4章

人と組織のベクトルを合わせよう

第3章では、ミスマッチ採用を防ぐための採用選考について述べましたが、第4章では採用選考のベースとなる「性格」「価値観」を捉えるための適性検査手法について述べたいと思います。

第4章 「性格」「価値観」を捉える手法について

「性格」「価値観」を捉える手法としては、適性検査が一般的ですが、どんなポイントで適性検査を選べばよいのでしょうか。

1. 測定対象が明確な適性検査を選ぶ
適性検査によって、測定対象が異なっています。適性検査によっては、測定したい「性格」「価値観」の項目がわかりにくいものもあり注意が必要です。フィードバックされる検査結果をよく確認し、自社のイメージに適合した検査を選ぶことが重要です。

2. 実施に伴う負担を検討する
適性検査を行う上で、受験者・採用担当者にかかる負担を検討することも重要です。検討する項目としては、「所要時間」・「受験方法(Web・紙等)」・「コスト」などがありますが、特に重要なのが、「所要時間」「受験方法」です。「所要時間」「受験方法」については、「時間がかかり過ぎる」「ユーザーインターフェイスが使いにくい」といった適性検査だと、応募者満足度に影響します。
また、採点については、手作業で集計するものや、回答用紙を郵送し、結果も郵送で受取るものなどがあり、結果を得るまでの作業工数やタイムラグが発生すると、効率よく採用を行えないことになります。
弊社の適性検査「PETU」は、多面的視点(組織管理者としての価値観・適性、ストレス耐性、組織文化適合度)からの受験者診断結果の提供、誰でもわかりやすいフィードバック、およびオペレーションの効率化を目的に開発されております。

<機能1:診断機能(見つかる)>

PETUは、受験結果に基づいて以下の視点から判定を行います。

 ・組織管理者適性診断:「人材タイプ(15類型)」
 ・メンタル診断:「ストレス耐性(5段階)」「対人トラブルリスク(4段階)」
 ・組織文化適合度診断:「家族型・統制型・起業型・競争型(4類型)」

<機能2:フィードバック(わかりやすい)>

「PETU」は、採用選考の場面では人事以外を含めた面接実施者への選考資料、および応募者本人への提供資料として、わかりやすさを重視してフィードバックシートを設計しています。

<機能3:業務の効率化(早い)>

「PETU」は、受験者のWEB上での回答に基づき、診断結果を同じくWEB上で
利用企業にフィードバックします。受験時間は10〜15分、診断結果は受験直後から
確認可能となっており、短時間での診断実施が可能です。また採用選考の場面では、応募者の受験結果から採用優先度をフィードバックするため、優秀な人材へより早くアプローチを行うことが可能になります。

<その他の機能>

上記の3機能に合わせ、以下の機能も利用可能です。
 ・様々な受験形態への対応(スマホ、携帯、用紙)
 ・受験結果検索・ダウンロード機能
 ・面談等に活用可能なオンラインマニュアル

ご利用をお勧めする企業
「PETU」は、現在採用選考時に面接のみを行っている、適性診断を利用しているが、効果が感じられない企業の方にご利用をお勧めいたします。
応募者満足度の向上と、採用業務の効率化をお考えの方は是非ご検討ください。
  • 1

著者プロフィール

株式会社ベクトル 代表取締役社長 卜部 憲

1956年、大阪府生まれ。大阪市立大学卒業後、株式会社ダイエーに入社、本社人事畑を歩む。2001年人事本部副本部長就任後、2003年に同社を退社。この間、日経連一般職賃金制度部会委員、同・社会保障制度部会委員を歴任。2003年組織人事コンサルティング・ファーム ベクトルを設立し代表取締役に就任、現在に至る。著書に『稼ぎすぎて困る・熱血リーダー量産化計画』、共著に『これからの一般職賃金』がある。

企業情報はこちら
提供サービスはこちら
セミナー情報はこちら

関連リンク