「サイバーエージェントの挑戦する風土づくり」 〜日本HRチャレンジ大賞「CA8」や主体性の生まれる人事制度の秘訣〜

HRソリューションフォーラム 講演録

◆10年強で社員数が100倍になった若い企業
サイバーエージェントは1998年設立のネット総合企業で、わたしが入社した1999年の社員数は25名だった。現在の社員数は2500名だから、10年強で100倍になった。社員の平均年齢は29歳であり、社長は39歳、役員全員が30代の若い企業だ。
 ネット企業はM&Aで他社を買収して大きくなり、人材も中途採用で調達する例が多いが、サイバーエージェントは60%が新卒採用であり、人材も事業も小さく生んで大きく育てる「内部育成」を基本としている。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは

著者プロフィール

HRプロ 株式会社 HRソリューションフォーラムレポート

関連リンク