HRプロ編集部取材×注目人事トレンドRPAを活用したタレントマネジメントによる企業の人事戦略とは | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 アフターレポート&講演レジュメ公開中!
HRプロ編集部取材×注目人事トレンド

RPAを活用したタレントマネジメントによる企業の人事戦略とは

HRプロ編集部
2017/10/06

AI やRPA といったテクノロジーの急速な進歩によって、今まさに働き方が変わろうとしている。
人とテクノロジーの役割分担はどこにあるのか。新時代におけるタレントマネジメントのあり方はどうなるのか。
RPA の先駆者であるRPAテクノロジーズの大角氏、IT 技術を活用した人材育成ソリューション、タレントマネジメントを提供するサムトータル・システムズの古沢氏の、お二人のそれぞれの立場から「働き方」を変革し生産性を向上させる人事戦略について語っていただいた。

RPA はITというよりもHRテクノロジー

――最近よく耳にする「RPA」についてどんなものなのか教えていただけますか。

大角 RPAとはRobotic Process Automationの略で、これまでホワイトカラーが担ってきたオフィスにおける業務をデジタルレイバー(Digital Labor)というシステムに代行させるものです。
この技術は10年ほど前から出始めていたのですが、RPAの協会が2015年にアメリカで設立され、日本でも2016年から一般的に認知されるようになってきました。
現在定着しているFA(Factory Automation)と異なるところは、工業製品の製造工程における作業を代行するFAに対し、デジタルレイバーは帳票書類の付け合わせなどといった知的業務のバックオフィス業務を担うところにあります。

古沢 それがホワイトカラーの業務代行といわれるゆえんなのですね。

大角 そうですね。
デジタルレイバーの特徴は処理スピードの速さ、正確さ、24時間稼働できることです。
人が行っている業務の手順をシステムに覚えさせることで、単純な作業だけでなくより高度な業務をも代行させることが可能になっています。

古沢 将来的に労働人口が減少する中で、私たちタレントマネジメントの業界から見てもRPAの技術にはとても注目しています。
大角 デジタルレイバーはスピード、正確さ、稼働時間とオフィス業務の担い手として大きなポテンシャルがあります。新しい労働力といってもいいでしょう。
しかしながら、RPAを導入するメリットは単なる労働力の確保にあるのではなく、オフィス業務の大半を占めていた業務をデジタルレイバーに任せることによって、人間はもっと生産性の高い業務を担うことが可能になることにあります。

古沢 そう、そこなんですよね。昨今、タレント(優秀人材)の獲得にあたって、企業間の競争が激化しています。人材の獲得は当然のことながら、その能力を発揮する生産性の向上や、そのためのモチベーションの向上がとても大切です。
そのためにはより有意義な仕事にシフトすることによって、高いレベルで能力を発揮できる組織づくりが重要なのですが、その仕組みづくりとしてRPAの導入はとても有効な手段のひとつですね。

大角 はい、そういった意味で、私たちはRPAとは「働き方」そのものを変革するツールであり、ITというよりも、HRテクノロジーだと思っています。


――「AIやRPAによって雇用が減るのでは?」といった論調もありますが、それはない、ということですね。
大角 ありえない話です。
むしろ、ムダな仕事を省いて生産性の向上に貢献できると思っています。

古沢 私も同感です。
私たちサムトータルではタレントマネジメントによって、業務内容の見える化を進めていまして、ソフトウェアを利用して、社員の業務内容がグラフで見られるようになっています。一人ひとりの業務内容を明確にした上で、処理業務はデジタルレイバーに任せることによって、本来の業務に集中することができますね。まさに「働き方改革」です。
このあとも、
・RPAと人事戦略の融合によって促進されるタレントエクスパンション
・ロボットに作業を学習させるデジタルレイバー
・ミレニアム世代への人材教育
など、まだまだお話は続きます。

続きはダウンロードしてご覧ください。


  • 1

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。
押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中

関連リンク

  • 「プロ・リクルーター」が変える日本の採用の未来

    第2回 プロ・リクルーターによる採用変革が日系企業で加速「ダイレクト・リクルーティング・アワード2016」

    即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」を運営する株式会社ビズリーチでは、2016年11月21日(月)、「ダイレクト・リクルーティング・アワード2016」の表彰式を開催しました。企業が主体的・能動的に求職者へのアプローチを行う採用手法、ダイレクト・リクルーティングに積極的に取り組む企業を表彰する同アワードでは、これまで外資系企業やベンチャー企業が受賞企業に名を連ねていましたが、第3回となる今年は、日系大手企業も多数受賞。また、ダイレクト・リクルーティングを推進する採用スペシャリストを対象とした「プロ・リクルーター賞」が新設されました。激化する人材獲得競争の中、企業間に広がってきたダイレクト・リクルーティングとプロ・リクルーターの“今”が見えてくる、同アワードの詳細をレポートします。

  • これからの採用を変える「採用マーケティング」

    第3回 攻めの採用を国内・海外で展開する楽天

    激化する人材獲得競争に勝ち抜くため、先進的な採用戦略を推進する多くの海外企業が取り入れている「採用マーケティング」。日本企業の中でも、消費者マーケティングの考え方を採用に応用する採用マーケティングを実践し、攻めの採用を積極的に行っているのが、インターネットサービスを中心に多様な事業をグローバルに展開する楽天です。 注目されるこれからの採用手法、採用マーケティングを掘り下げてきた3回シリーズ最終回の今回は、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や若手向けレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」を運営する株式会社ビズリーチの執行役員、関哲氏をインタビュアーとして、楽天株式会社のグローバル人事部採用推進課アシスタントマネージャー、田平和之氏にお話を伺いました。

  • 「プロ・リクルーター」が変える日本の採用の未来

    第1回 キャリア採用市場で「採りたい人材を採る」ために、今、企業に必要なプロ・リクルーターとは

    HR総研が2016年に実施したアンケート調査によると、企業の人的資源管理における課題のトップは「キャリア採用・中途採用」。しかも、昨今の求人倍率はリーマン・ショック以前の数字を超えており、どの企業にとっても採用の困難さは増してきています。では、変化し続ける採用市場で、企業は人材獲得競争にどのように打ち勝っていけばよいのでしょうか。その切り札として期待される施策の一つが、自社の採用を成功に導く専門職、「プロ・リクルーター」の養成、強化です。 これからの企業の採用力強化について考える6回シリーズの第1回となる今回は、企業の組織・人事の専門家である慶應義塾大学大学院の小杉俊哉特任教授と、多くの企業に各種人事・採用支援サービスを提供している株式会社ビズリーチの取締役、多田洋祐氏にご対談いただき、「採りたい人を採るための採用」に向け、企業には何が求められるのかを掘り下げていただきました。

  • これからの採用を変える「採用マーケティング」

    第2回 求職者=お客様と捉える「採用マーケティング」がもたらす効果

    人材獲得競争が激しさを増す中、これからの採用手法として海外で注目を集め、日本でも取り組む企業が現れ始めているのが「採用マーケティング」です。 オンラインでの口コミの影響など、インターネットの普及が消費者の行動を変えたように、就職・転職を考える人々の行動もかつてとは様変わりしています。進化してきた最近の消費者マーケティングの考え方やプロセスを採用に応用することは、その変化への有効な対応策の一つとなります。 3回シリーズの第2回となる今回は、採用マーケティングの考え方やプロセスについて、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や20代のためのレコメンド型転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」を運営する株式会社ビズリーチのキャリアトレック事業本部マーケティング部部長、青山弘幸氏に伺います。

  • HRプロ 寺澤康介が斬り込む キーパーソン・インタビューシリーズ

    成果を上げる組織づくりのプロが語る「今のメンバーで飛躍的に成果を出す組織変革メソッド」

    業績が上がらず、「組織に問題はないのか」と経営から対処を求められているものの、本当に実効性がある打ち手が見つからないという人事の方々は少なくないようです。そんな中で、これまでに導入した企業のほぼすべてが業績を伸ばし、「半年で経常利益約280%増」、「1年で累損が数億円圧縮」といった結果を出しているのが、株式会社Kronikaの提供するタレントフォーカス(Talent Focus)。「成果を上げる組織づくりのプロ」として800社以上の企業に関わってきた同社の代表取締役、星山裕子氏に、日本企業の組織が抱える課題や、その実効的な解決策について、ProFuture代表の寺澤康介がお聞きしました。

  • これからの採用を変える「採用マーケティング」

    第1回 欲しい人材を「採りにいく」ための「採用マーケティング」とは?〜採用難時代に成功するための新しい考え方〜

    求める優秀な人材の獲得が企業にとっての重要課題となり、その困難さも増している中、突破口を開く新たな切り口として注目されつつあるキーワードが「採用マーケティング」です。 その考え方や今後の可能性などについて、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や若手向けレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」を運営する株式会社ビズリーチの執行役員、関 哲氏にお聞きしました。 3回シリーズの第1回となる今回は、採用マーケティングが注目されている背景について、お考えを伺います。 (インタビュアー:HRプロ編集部)