HRプロ 寺澤康介が斬り込む キーパーソン・インタビューシリーズ成果を上げる組織づくりのプロが語る「今のメンバーで飛躍的に成果を出す組織変革メソッド」 | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 大学と企業の合同相談会2018<2018.6.18開催>
HRプロ 寺澤康介が斬り込む キーパーソン・インタビューシリーズ

成果を上げる組織づくりのプロが語る 「今のメンバーで飛躍的に成果を出す組織変革メソッド」

株式会社Kronika 代表取締役 星山 裕子
2016/10/06

業績が上がらず、「組織に問題はないのか」と経営から対処を求められているものの、本当に実効性がある打ち手が見つからないという人事の方々は少なくないようです。そんな中で、これまでに導入した企業のほぼすべてが業績を伸ばし、「半年で経常利益約280%増」、「1年で累損が数億円圧縮」といった結果を出しているのが、株式会社Kronikaの提供するタレントフォーカス(Talent Focus)。「成果を上げる組織づくりのプロ」として800社以上の企業に関わってきた同社の代表取締役、星山裕子氏に、日本企業の組織が抱える課題や、その実効的な解決策について、ProFuture代表の寺澤康介がお聞きしました。

これまでに関わった企業はほぼすべて業績が向上

————まず、星山さんのご経歴を教えていただけますか。

星山
:最初に勤めた人材ビジネス企業では制作部門に配属となり、求人広告の制作といった切り口で顧客企業のキャリア採用をお手伝いしました。その後、転職、独立して、長年にわたりヘッドハンティングに携わったほか、経営コンサルタントとして、主に事業開発、人材開発などの分野でさまざまなお客様の課題解決をサポートさせていただいてきました。経営陣の特命による次世代幹部研修、管理職研修も数多く実施しています。これまでに幅広い業界とのご縁があり、お取引いただいた企業は中小企業から大手企業まで、800社を超えています。

————星山さんは、関わった企業がほぼすべて業績を向上させていくことから、「チャンスの女神」と顧客から呼ばれているそうですね。

星山
:コンサルタントとしていろいろな企業をお手伝いし始めたころ、そのお客様のいずれも業績が上がり、特に経営者の方々が非常に喜ばれて、経営者のお知り合いをご紹介くださるようになりました。「星山さんはチャンスの女神です。関わった会社の業績が上向いていくんです」というようにご紹介いただく中で、このニックネームが定着しました。

「組織の活性化を成果につなげる」という人事課題にどう取り組むか

————最近の人事には、組織の活性化だけで終わらず、活性化による成果を出すところまで経営から求められるようになってきていますが、今の時代、日本企業の組織が抱えている課題は主に何だと思われますか。

星山
:社内コミュニケーションの問題によって、相互理解が不足している組織が多いと感じます。IT化が進んでメールなどを使ったコミュニケーションが増える一方、直接の対面でのコミュニケーションが少なくなり、上司と部下、同僚などが、お互いのことを理解できない状況が生まれやすくなっています。そうした背景から、一人ひとりが本来の価値を発揮できていない組織が増えてきているようです。

————星山さんがそうした企業から依頼を受けた場合、どのように課題を見つけ、打ち手を立てていかれるのですか。

星山
:まず最初に、関係部署の方全員と個別に面談させていただいています。例えば、管理職なら、その方は部下のAさんがどういうタイプの人で、何が問題だと感じているのかを会話の中からつかみ、それがAさんご本人の問題か、それ以外の問題なのかを、持って生まれた「才能」という観点から切り分けていきます。Aさんの業績が低迷している場合、才能がないことをやらせて、もがいているなら、改善の余地があるわけです。

プロフィール

株式会社Kronika 代表取締役 星山 裕子

中国五行と帝王学、そして現代におけるビジネス実務を融合させた、才能特定・育成プログラムTalent Focus(R)の開発者。「5万人を超える面談数」「800を越える取引社数」「四半世紀以上にわたる顧客との信頼関係」に裏付けられた圧倒的な育成メソッドで、幾多の成長企業を牽引する幹部人材を育成。関わった人・組織が上向いていくことから“チャンスの女神”のニックネームを持つ。「経験やスキル」ではなく、「生まれ持った才能」で判断される社会を創るべく活動中。2016年5月にTalent Focus(R)オンラインテストをリリース。香港、ロンドンにも既にローンチ済み。認定トレーナーの養成を通じ、すべての人が才能をいかして他人と社会の役に立てる社会を創ることを目指す。

関連リンク

  • HRプロ編集部取材×注目人事トレンド

    「デジタル時代のリーダーシップとは何か」DDI社の創設者バイアム博士が語る、世界のリーダーシップ開発の最新トレンド

    2018年3月5日(月)、株式会社マネジメント サービス センター(MSC)と同社のパートナー企業であるDDI社のバイアム博士により、デジタル時代における次世代リーダーシップ開発をテーマとしたラウンドテーブルが開催された。HRプロでは、このセッションの直前に、世界最大級の人材コンサルティング会社、DDI社の創設者であり、HR分野における世界で最も重要な人物の一人として知られるバイアム博士にインタビューを実施、DDI社が行った最新のグローバル調査の結果を交え、日本の企業で人事および経営に携わる人々にとって、これからのビジネスで成功するための指針となる貴重なお話をいただいた。

  • HRプロ編集部取材×注目人事トレンド

    日本企業に求められているのは、実行サイクルのスピードを上げ適材適所で勝てる組織をつくること

    世界的なロングセラー『7つの習慣®』を世に送り出したフランクリン・コヴィー社がそのフィロソフィーに則り、目標と戦略を組織で実行するために15年の歳月をかけて研究し、開発したのが『実行の4つの規律(“The 4 Disciplines of Execution”)』だ。それをタイトルとした著書も2012年に出版された。昨今、日本の経営者や人事パーソンの多くが、企業として勝つための「戦略的人事」 の重要性を認識しているが、理想どおりに活動できている企業はほんのわずかだ。必要だとわかっている戦略や変革が組織として実行できないのはなぜなのか? その解を得るべく、今回は日本鋼管、NationalSteel、GEなどの人事責任者を経て、元LIXILグループ副社長を務めた人事のプロ、 八木洋介氏を招き、『実行の4つの規律』の共著者であり、フランクリン・コヴィー・ジャパン取締役副社長の竹村富士徳氏と「日本の人事の課題」「変革の必要性」「働き方改革の本質」「リーダーシップ」などをテーマに語ってもらった。

  • 「プロ・リクルーター」が変える日本の採用の未来

    第4回「プロ・リクルーター」に求められる能力と「プロ・リクルーター」を活かす組織とは

    有効求人倍率が1.52倍(2017年8月厚生労働省)と発表され、バブル期を超える求人難となっている昨今。激化する人材獲得競争を勝ち抜くための一つの手段として注目されているのが「プロ・リクルーター」の活用。変化し続ける採用市場において、自社の採用を成功に導く専門職「プロ・リクルーター」の役割とは何なのか。また、「プロ・リクルーター」の導入を成功させるためには何が必要なのか。人材の「採用」に関する科学的アプローチである「採用学」を確立された横浜国立大学大学院の服部泰宏教授と、これまで数多くの企業における人事・採用支援サービスを行ってきた株式会社ビズリーチの取締役、多田洋祐氏に対談いただき、「プロ・リクルーター」のミッションについて、また「プロ・リクルーター」が活躍できる企業の受け入れ態勢について掘り下げていただきました。

  • HRプロ編集部取材×注目人事トレンド

    【組織づくりとリーダー育成を、スピード感を持って推進する】〜やらなくていいことをやめ、未来をつくる仕事に取り組む〜

    アスクレップは、マーケティング支援事業(消費財・サービス、ヘルスケア)、ビジネスインテリジェンス事業を展開するインテージグループの一員として1992年に創業されたCRO(医薬品開発受託機関)サービスを手がける企業である。同社は、2018年春に実施される国の省令改正に組織として素早く対応し、リーダーを育成することを目的に、2017年2月から『実行の4つの規律(The 4 Disciplinesof Execution、略称4Dx)』を導入している。4Dxは、世界的なロングセラー『7つの習慣(R)』を世に送り出したフランクリン・コヴィー社が戦略を実行できる組織文化をつくるために開発した4つのルールだ。戦略目標は企業にとって最も優先すべき重要な課題だが、多くの経営者やリーダーはそれが現場で実行されないという悩みを抱えている。戦略づくりに参加していない現場の社員やスタッフにとって、どんなに優れた目標も与えられたものにすぎないからだ。この事例紹介では、アスクレップで4Dxプロジェクトを主導する矢作友一社長に導入の背景やプロセス、導入後の変化を伺った。また、リーダーを務めているシステム企画部の嶋田由起夫部長とデータマネジメント2部の川島美江グループリーダーに、チームメンバーの反応や苦労した点、導入後の成果について話を聞いた。

  • HRプロ編集部取材×注目人事トレンド

    採用市場で希少な「成長志向の高い学生」をどうすれば採用できるのか。

    ある意味ではバブル期以上の求人難といわれる時代に突入した今、
    企業の成長に必要な、採用市場で希少な「成長志向の高い学生」を、企業はいかに採用できるだろうか。
    そこで、年間7万人の学生が集うフリースペースを東京と大阪で展開し、自社が全国各地で主催する採用イベントには「成長志向の高い学生」が数多く集まると注目されている『賢者屋』代表の佐藤祐氏に、ProFuture 代表であり、HR総研所長の寺澤康介が話をうかがった。

  • HRプロ編集部取材×注目人事トレンド

    RPAを活用したタレントマネジメントによる企業の人事戦略とは

    AI やRPA といったテクノロジーの急速な進歩によって、今まさに働き方が変わろうとしている。
    人とテクノロジーの役割分担はどこにあるのか。新時代におけるタレントマネジメントのあり方はどうなるのか。
    RPA の先駆者であるRPAテクノロジーズの大角氏、IT 技術を活用した人材育成ソリューション、タレントマネジメントを提供するサムトータル・システムズの古沢氏の、お二人のそれぞれの立場から「働き方」を変革し生産性を向上させる人事戦略について語っていただいた。