富士通が通年採用を開始、新卒や既卒を問わずいつでも応募可能に

富士通株式会社は2019年8月9日、優秀な人材の獲得拡大のため、2020年度入社の大学および大学院の最終学年の学生、および既卒者を対象に「通年採用」を開始することを発表した。今後は、これまで8月を目途に終了していた採用選考の応募期間を撤廃し、年間を通じて応募を受け付けるという。
通年採用の応募条件は、大学・大学院・高専を卒業もしくは修了(見込みも含む)していること。新卒や既卒、職歴などは不問となる。対象は全職種。入社時期は、4月もしくは10月としているが、既卒者については随時入社も可能とのことだ。

なお、通年採用の実施は、経団連が2018年に改定した指針に則ったものであり、2021年度以降の入社者の採用活動についても、日本政府が示す指針に準拠して実施するとしている。

通年採用を導入することで同社として「国内外の多様な人材の獲得機会をさらに拡大させる」とし、学生側に対しても「個々の応募者の価値観に合った自由度の高い就職活動を可能にすることで、十分な学修経験時間を確保し、さらなる成長機会を得られるように支援すること」を目指すという。

HR総研が2019年6月に実施した調査「2020年&2021年新卒採用動向調査」によると、大企業の34%がすでに通年採用を実施中で、導入検討している企業を含めるとその割合は8割を超える。今回の富士通の動きは、通年採用時代の到来を見据えたものだと考えられる。


【HR総研】「2020年&2021年新卒採用動向調査」

著者プロフィール

HRプロ編集部

採用、教育・研修、労務、人事戦略などにおける人事トレンドを発信中。押さえておきたい基本知識から、最新ニュース、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届けします。

HRサミット2019/HRテクノロジーサミット2019 アフターレポート公開中