自己啓発のための時間の作り方|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 12/5開催 働き方改革とHRTech最前線

自己啓発のための時間の作り方

HRプロ編集部
2017/07/28

業務時間外で自分自身の職業能力を高めるためなどに行う活動を自己啓発という。自己啓発は職業人には不可欠の取り組みであるが、「忙しくて時間がない」という声も少なくない。それでは、忙しいビジネスパーソンが自己啓発のための時間を確保するには、どうしたらよいのだろうか。

「忙しくて時間がない」は本当か?

ビジネスパーソンのビジネススキルやパフォーマンスの度合いは、日常業務から離れたところでいかに自分自身を磨き上げられるかに大きく影響されるものである。その自分自身を磨き上げるための手法の一つが、「本を読む」「資格取得の勉強をする」などに代表される自己啓発活動だ。

ところが、自己啓発に取り組もうと考えても、三日坊主で終わってしまう人が非常に多い。長続きしない理由はさまざまだが、大きな理由の一つが「忙しくて時間がないから」というものである。日々の業務や日常生活に追われ、勉強をしたり、本を読んだりしたいと思っても、そのための「時間が確保できない」というのである。

「忙しくて時間がないから」というのは、一見、もっともらしい理由だ。しかしながら、そう言う人たちは、自由に使える時間が全く確保できないほど時間に追われて、日々の生活を営んでいるのだろうか。

皆さんが自分の一日の行動を振り返ったとき、通勤時間や出社前・帰宅後の時間にたとえば次のようなことをしてはいないだろうか。

1.テレビを見る。
2.パソコンでインターネット上のいろいろなサイトを見て回る。
3.スマートホンでメールやゲームをする。
4.マンガやスポーツ新聞を読む。
5.飲酒をする。

上記1〜5のような行為に使われる時間は、生活に不可欠な時間ではない。また、厳しいようだが自分自身を高めるために費やされる“建設的な時間”とも言い難い。もちろん、「ストレス発散」「気分転換」「余暇の楽しみ」などの目的で1〜5のような行為に“適度な”時間が費やされるのであれば良いのだが、毎日、長時間にわたり1〜5のような行為に時間を使っているとすれば、時間を“無目的に”“だらだらと”浪費していると言われても仕方がない。

このように“無目的に”“だらだらと”浪費している時間の使い方をほんの少しだけ見直すことで、自己啓発のための時間は比較的簡単に捻出できるものである。反対に、上記1〜5のような行為に費やしている時間を見直すことなく、「ほかに空いている時間はないか」と考えると、「時間がない」という結論に至ってしまうことになる。

時間は「あるもの」ではなく「作るもの」

時間を「ある/ない」という視点で論じる人は多い。先ほどの「忙しくて時間がないから自己啓発ができない」というケースもそうだ。しかしながら、時間は「ある/ない」で考えるべき事象ではない。時間というものは「作る/作らない」という視点で論じるべきものである。

「時間がない」という場合には本当に時間が“ない”のではなく、時間を“作る”努力をしていないから生み出せていないだけのことである。つまり、「時間がない」という発言は「時間を作る努力、工夫をしていない」ことの裏返しといえる。

もし、「自己啓発を始めたいが時間がない」と思った場合には、「“無目的に”“だらだらと”浪費している時間はないか」振り返ってみたいものだ。日々の自身の生活をよく思い起こし、そのような時間の一部でも自己啓発に充てれば、「時間がない」ことはないであろう。

「時間を作る」ということは「今までの時間の使い方を変える」ことであり、慣れ親しんだ行動・習慣を変えることを意味している。慣れ親しんだ行動・習慣を変えるのは、決して容易なことではない。「余暇時間を“無目的に”“だらだらと”過ごす習慣」が体に染み付いている場合にはなおさらである。「時間を作ること」は「習慣を変えること」である。ビジネスマンたるもの、業務時間以外でも自律した大人の「時間管理」の習慣を身に付けたいものである。


コンサルティングハウス プライオ
代表 大須賀信敬
(中小企業診断士・特定社会保険労務士)

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

12/5開催 働き方改革とHRTech最前線

関連リンク

  • 生産性向上には「可視化」がキーワード。パナソニックやNECなどが働き方サポートを提供

    安倍政権が推進する働き方改革が広まりを見せる中、テレワークを導入する企業が増えている。こうした動きに対応して、パソコン・IT関連事業を展開する企業を中心に、多様化する働き方をサポートするシステムの開発・提供が進められ、マーケットとしても注目を集めている。企業はいま何を求め、サービス提供会社はどのように応えているのだろうか。

  • 民間企業も公務員の休職制度を理解しておこう!

    働き方改革の中で注目しているのが、労働者の休職制度についてである。周知のとおり、休職制度は労働基準法にも規定がなく、それを導入するかどうかは各事業所の自主性に任せられている。一般的に休職制度は、「解雇猶予措置」と捉えられているが、最近はそうとも言えない状況に至りつつあるようだ。このことを如実に物語っているのが、「同一労働同一賃金ガイドライン(案)」において、病気休職は「無期雇用パートタイム労働者には、無期雇用フルタイム労働者と同一の付与をしなければならない。また、有期雇用労働者にも、労働契約の残存期間を踏まえて、付与をしなければならない」とされている点であろう。民間企業は本当にここまでの対応が必要なのだろうか?今回は、働き方改革を実務面で推進する公務員自身の病気休暇・休職制度が、どのように運用されているかを見ていくことにより、民間企業の休職制度導入に向けた検討材料を提供することとしよう。

  • 「人づくり革命」における「社会人のリカレント(学びなおし)教育」の位置づけとその現状とは

    人生100年時代を見据えた「人づくり革命」、そのなかのテーマのひとつとして「社会人のリカレント(学びなおし)教育」が挙げられている。リカレント教育は1970年代から世界各国において注目されてきた概念だが、日本においては浸透していないのが実情である。日本における社会人のリカレント教育における現状はどのようなものなのだろうか。

  • 日立製作所、自社オフィス外で初のサテライトオフィス「@Terrace」を開設し働き方改革推進

    株式会社日立製作所(以下、日立)は、日立グループ全体の働き方改革を推進するフラッグシップとして、新しいサテライトオフィス「@Terrace」(アットテラス)を、2017年10月16日に東京都中央区八重洲に開設することを発表した。サテライトオフィスは、すでに首都圏に位置する自社のオフィス内7拠点に設置しているが、自社のオフィス外に設けるのは初めての試みだ。

  • 三井住友海上火災保険が女性活躍推進を加速!組織マネジメントを担う人財の育成強化へ

    MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友海上)は、新時代を担う女性リーダーの継続的な育成を目的として、2017年10月から「MS女性アカデミー」を開始することを発表した。

  • 野村不動産グループの働き方改革が本格始動。事業内容や業態を踏まえた個別施策を幅広く実行

    野村不動産ホールディングス株式会社(以下、野村不動産HD)は、この10月より働き方改革を本格的に実行すると発表した。働き方改革を推し進めることで、多様な社員が個々の能力を最大限に発揮できる環境を整え、革新的で新しい商品やサービスを生み出す発想力を引き出すことが狙いだ。