• HOME>
  • 調査レポート>
  • HR総研:「働き方改革」で「時間外労働の削減」に取り組むのは86%

調査レポート

HR総研:「働き方改革」で「時間外労働の削減」に取り組むのは86%
「長時間労働の是正」への取り組みは日本の企業に定着

安倍内閣では2016年6月に「ニッポン一億総活躍プラン」が閣議決定され、1年をかけて「働き方改革」が推進されてきた。
HR総研では、その実態がどうなってきているのかについて、本年5月に「多様な働き方とダイバーシティに関するアンケート調査」を行い、212件の回答を得た。多様な働き方に関しては、「時間外労働の削減」に取り組んでいる企業は86%、「有給休暇取得推進」を行っている企業は58%となった。
2016年10月に実施したHR総研調査では、労働時間の短縮に取り組んでいる企業は57%だったので29ポイント増加しており、この半年間で、長時間労働や時間労働の削減に取り組み始めた企業が増えていることがわかる。
今回は、「時間外労働の削減」について、平均残業時間、時間外労働が発生する理由、効果があった施策などについて、具体的な調査結果ご報告する。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

こちらのコンテンツのご利用には会員登録・ログインが必要です。

ID/PWを忘れた場合はこちら

ログイン

登録するとHRプロポイント100P進呈中!

無料会員登録